auの新機種ラインアップ発表――全機種防水、13メガカメラ搭載モデルも | RBB TODAY

auの新機種ラインアップ発表――全機種防水、13メガカメラ搭載モデルも

IT・デジタル モバイル

EXILIMケータイ CA005
  • EXILIMケータイ CA005
  • EXILIMケータイ CA005
  • beskey
  • beskeyのキーパッド「Float key」「Waterdrop key」「Wave key」
  • Cyber-shotケータイ S003
  • Cyber-shotケータイ S003
  • AQUOS SHOT SH008
  • AQUOS SHOT SH008
 KDDIと沖縄セルラーは17日、5月下旬よりau携帯電話の新ラインアップ13機種を順次発売すると発表した。全機種が防水機能を搭載しており、13メガのカメラ機能搭載モデル、ユーザーの好みでキーパッドを選択できるモデルがラインアップされている。

 「beskey」は、3種類のキーパッドからユーザーが選択・交換できる「セレクトキーパッド」モデルとなっている。キーパッドの種類は「Float key」「Waterdrop key」「Wave key」の3種類がある。「Float key」は、キーが「浮き袋」のような張りのある押し心地だという。「Waterdrop key」は、しっかりとした押し心地、「Wave key」は、キーが立体的で波打つような形状をしており、それぞれのキーの間隔をなくしたことで、指を滑らせて入力が行えるという。カラーは「プリズムピンク」と「トゥインクルホワイト」「スターリーネイビー」の3色。

 「EXILIMケータイ CA005」は、13メガのカメラ機能に3メガで撮影できる高速連写、3倍デジタルズームなどが特徴となっている。カラーは「ライトグリーン」「ホワイト」「ピンク×パープル」「ブラック」の4色。

 「Cyber-shotケータイ S003」は、「世界初防水スライドケータイ」として、12.1メガのカメラに、従来機比で48倍の輝度を持つという「PLASMAフラッシュ」を搭載している。そのほかにも顔検出機能の「顔キメ」と個人検出機能により、事前に登録したの人物の顔に対してピント・露出を調整できる。最大6人まで人物を登録でき、最大4人まで同時に顔を検出できる。また笑顔を自動で撮影する「スマイルシャッター機能」や、夜景や逆光などシーンに合った設定を自動で調整する「おまかせオート撮影モード」も搭載している。

 「AQUOS SHOT SH008」は、12.1メガのカメラや画像高画質化エンジン「ProPix」を搭載している。また「Wi-Fi Win」に対応しており、自宅の無線LANや公衆無線LANからネットを利用できる。さらにカメラやWeb画面などでタッチ操作が可能となる。カラーは「クリムゾンレッド」「クラッシーピンク」「ラスターブラック」の3色。

 「REGZA PHONE T004」は、映像処理ソフトウェア「モバイルレグザエンジン2.0」を搭載し、周囲の明るさによって映像の色表現を最適化する「オート高画質調整」や「ノイズリダクション」を搭載。色は「ルーチェホワイト」「アズールブルー」「ムーンブラック」の3色。

 「BRAVIA Phone S004」は、毎秒15コマのワンセグ映像を最大で毎秒60コマに補間する技術を搭載し、映像のなめらかな再生が可能になるという。縦横双方に端末を開閉できるデュアルオープンモデルとなっている。色は「オニキスブラック」「プラチナホワイト」「スターダストピンク」の3色。

 「SOLAR PHONE SH007」は、ソーラーパネル搭載モデルで、約10分間のソーラー充電で、約2分間の通話もしくは約3時間の待受けが可能だという。また方位や気圧/気温、移動ルートなどを確認できる「フィールドロケーター」が搭載されている。色は「スプラッシュブルー」「クリーンホワイト」「サンセットブラウン」の3色。

 「SA002」は、「Cyber-shotケータイ S003」と同じく「世界初防水スライドケータイ」で、厚さ14.8mmのコンパクトモデルとなっている。8メガのカメラを搭載し、顔検出オートフォーカスやスマイルショットなどを備えている。カラーは「ピタチオグリーン」「カスタードイエロー」「ペッパーブラック」「ムースピンク」「チェリーレッド」「ミルクホワイト」「ディープウォーターブルー」の7色。

 「簡単ケータイ K005」は、メインディスプレイサイズが3.0インチと簡単ケータイシリーズの中で最大となっており、「光で操作ナビ」による操作案内機能を備えている。同じく簡単ケータイの「PT001」は、通話専用端末で「でか着信音/でか受話音」機能を搭載し、高い声もはっきり聞こえる高帯域補正対応となっている。

 今回発表された新ラインアップは以上の10機種に加え、すでに発表済みの「スマートフォン「IS series」の2機種と、同社初のデジタルフォトフレーム「PHOTO-USP01」の全13機種となっている。
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top