IIJ、次世代のモジュール型エコ・データセンターの建設を発表 ~ 国内初の外気冷却コンテナユニット採用 | RBB TODAY

IIJ、次世代のモジュール型エコ・データセンターの建設を発表 ~ 国内初の外気冷却コンテナユニット採用

エンタープライズ ハードウェア

 インターネットイニシアティブ(IIJ)は14日、モジュール型エコ・データセンターの商用化を決定し、2010年6月より新たなデータセンターの建設に着手することを発表した。

 IIJでは、国内初の外気冷却方式を採用したコンテナユニットによるデータセンターの実用性について、本年2月より実証実験を開始。現在までの実験結果としてPartial PUE(UPSや配電盤などの消費電力を含まない部分的PUE)=1.1以下の実測値を計測しているという。このため、通年でも目標のPUE1.2まで電力利用効率を高められると判断し、商用化を決定したとのこと。

 本データセンターは、同社のクラウドサービス「IIJ GIO(ジオ)」のファシリティとして活用され、サービス需要に応じて段階的に増設する予定。最大20モジュール(サーバ5,000台規模)となる見込みだ。まず第I期分として、5モジュール(サーバ1,600台規模)を建設し2011年2月に稼働を開始する。建設コストは約11億円。来年度以降は、需要に応じて最適な規模のファシリティを順次増設する。全国の複数拠点に展開していくことも検討中。IIJでは、本データセンターの利用により、IIJ GIOの現状のファシリティコストを4割削減でき、従来型データセンターに比べCO2の年間排出量を約4000t削減できると試算しているとのこと。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top