Googleマップに、臨場感あふれる「Earthビュー」が新登場 ~ 世界の建築物を3D表示 | RBB TODAY

Googleマップに、臨場感あふれる「Earthビュー」が新登場 ~ 世界の建築物を3D表示

ブロードバンド ウェブ

Earth ビューで見るアンコールワットの3D イメージ
  • Earth ビューで見るアンコールワットの3D イメージ
  • 通常のGoogleマップ。左パネルにEarth ビューを告知するバナーがある
  • 初めて利用する場合は、プラグイン導入を促される
  • ダウンロード中の画面
  • プラグイン導入が終わると、Google Earthとそのままの画面が
  • 東京タワー周辺の様子も、詳細な3Dで表示される
  • スカイツリーは完成前のため、まだ影も形もなかった。残念
  • メキシコのチチェン イツァ。ゲームのワンシーンのようだ
 グーグルは27日、Googleマップに新機能「Earthビュー」を追加した。プラグインを導入することで、GoogleマップからGoogle Earthを見ることができるものだ。

 グーグルでは、Googleマップの航空写真、Google Earthを通して、臨場感のある地図を提供してきたが、今回の新機能はそれを統合するものとなる。Google Earthでは、衛星写真の地図を3Dで見ることが可能で、建築物なども3Dモデルで再現されている。3Dで再現された街やビル、山脈の起伏や海底までリアルな迫力で見られるだけでなく、上下左右、実際にはヘリコプターでもなければ見られないような場所からでも、自由にその場を見ることが可能となっている。「Earthビュー」は、従来のデスクトップ版Google Earthと同じ技術で動作しているため、高解像度の衛星イメージや地形の起伏、3Dの街並みなど、すべてブラウザ上で閲覧できるとのこと。


 画面右上にあるボタンをクリックするだけで、従来のマップ、航空写真、そしてEarthの表示を切り替えできる。Earthビューを使えば、英ストーンヘンジ、独ノイシュバンシュタイン城、豪オペラハウスのほか、アンコールワット、スフィンクスといった有名建築物や世界の名所も、3Dで閲覧可能だ。さらには海底に眠るタイタニック号も用意されているという。これらの名所は、地図の左パネルにある「おすすめの場所」からダイレクトに移動することも可能だ。

 なおGoogle Earth APIを使うことで、開発者がWebサイトにGoogle Earthを組み込むことも可能となっている。Google Earthプラグインは、Microsoft WindowsとApple Mac OSのほとんどの環境で動作するとのこと。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top