ソフトバンク、「Ustream」の日本語版サイトを提供開始 | RBB TODAY

ソフトバンク、「Ustream」の日本語版サイトを提供開始

ブロードバンド ウェブ

「Ustream」日本語版サイト(画像)
  • 「Ustream」日本語版サイト(画像)
 ソフトバンクグループは27日、インターネットを利用したライブ動画配信サービス「Ustream」について、日本語版サイトの提供を開始した。

 「Ustream」は、PCやスマートフォンを通して、誰でもライブ動画を配信・視聴できるストリーミングサービス。配信済み動画も、オンデマンドで後日視聴が可能。2010年4月には、月間のユニークユーザー数が1億人を突破した。

 日本語版サイトでは、メッセージやメニュー表示が日本語表示されているのはもちろん、日本語のコンテンツが多数配信されている。ユーザーは日本語のコンテンツを簡単に見つけることができ、今まで以上にUstreamを気軽に楽しむことができる見込みだ。

 ソフトバンクは、Ustreamを運営するユーストリーム社に対し、2010年1月29日に約2,000万米ドル(約18億円、出資比率13.7%)を出資している。今後もソフトバンクグループでは、より多くの人々が、いつでもどこでも気軽にUstreamを使って動画の配信や視聴を楽しめるよう、さまざまな準備を進めていくとしている。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top