米国の確定申告で詐欺やウイルスが横行、“Google vs. Bing”の安全度を比較 ~ エフセキュア | RBB TODAY

米国の確定申告で詐欺やウイルスが横行、“Google vs. Bing”の安全度を比較 ~ エフセキュア

エンタープライズ セキュリティ

「?」マークの付いたリンクについては安全性が保証されていない(Flashムービーより)
  • 「?」マークの付いたリンクについては安全性が保証されていない(Flashムービーより)
  • 危険サイトとしてブロックされてしまった
  • Bingにおける「tax day freebies 2010」の検索結果。とりあえず「?」マークはない。
 4月15日はアメリカ合衆国のタックス・デイ(確定申告締切日)だった。セキュリティ会社のエフセキュアは、Google検索およびBing検索を使って「tax day freebies 2010」を検索した結果について、調査報告を行った。

 それによると、検索結果の1ページ目から、詐欺や偽のアンチ・ウイルス攻撃が登場するという。エフセキュアはその模様を一連のFlashムービーとして公開している。同社では、通常「Google Trends」のリンクをどれでもクリックすれば、偽アンチ・ウイルスを簡単に見つけることができるとしたうえで、「Bingの検索結果の方がより安全と思われる」と記述している。

 なおグーグルは、偽アンチ・ウイルスソフトについて、過去に13か月研究を行い、「偽ソフトの配布に関連する11,000以上のドメイン、あるいは(同期間に検出された全)マルウェア・ドメインのおよそ15パーセントを発見」したとしている。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top