【バンクーバー五輪】浅田真央逆転なるか……運命のフリーまもなくスタート | RBB TODAY

【バンクーバー五輪】浅田真央逆転なるか……運命のフリーまもなくスタート

エンタメ その他

SP採点詳細(キム・ヨナ)
  • SP採点詳細(キム・ヨナ)
  • SP採点詳細(浅田真央)
  • SP採点詳細(ジョアニー・ロシェット)
 バンクーバー五輪フィギュアスケート女子フリーが日本時間10時から行われる。ショートプログラム(SP)1位のキム・ヨナ、2位の浅田真央、3位のジョアニー・ロシェットらによる金メダル争いはいよいよクライマックスを迎える。
 
 24日に行われたSPでは、浅田真央が女子フィギュアSP史上初となるトリプルアクセルを成功させ73.78点をマークした。しかしその後登場した韓国のキム・ヨナもほぼ完璧な滑りを見せ、自身の持つ女子SP世界歴代最高点を更新。浅田真央を5点近く上回る78.50点という驚異的な得点でトップに立っている。また、SPの2日前に母親が急死するという悲劇に見舞われたカナダのジョアニー・ロシェットも素晴らしい滑りを見せた。71.36点はSP3位で、こちらも金メダル圏内となっている。

 SPの採点の詳細を見ると、浅田真央とキム・ヨナは技術点の基礎点ではほとんど差がない。差がついたのは各要素の出来栄えによって与えられるプラス点(GOE)と演技点。フリーのプログラムでも技術基礎点では両者に開きはないと見られ、いかに表現力豊かに滑りジャッジに印象づけるかがポイントとなりそうだ。
 
 もちろん、メダル圏内のSP4位・安藤美姫や11位の鈴木明子の滑りにも期待したい。各選手のフリーの滑走順は鈴木明子が14番目で、20番目の安藤美姫からは、21番目がキム・ヨナ、22番目が浅田真央、23番目がロシェットと注目選手が続く。Yahoo! スポーツの「実況チャンネル」では、プログラムの構成から会場の様子、演技の状況や得点まで、テキストベースではあるが詳細をリアルタイムで見ることができるので、テレビ中継を見られない人は利用してみてはいかがだろうか。
《大木信景》

関連ニュース

特集

page top