富士通、中小規模向けのSaaS型Web会議サービス「JoinMeeting easy」を提供開始 | RBB TODAY

富士通、中小規模向けのSaaS型Web会議サービス「JoinMeeting easy」を提供開始

エンタープライズ その他

「JoinMeeting easy」利用画面イメージ
  • 「JoinMeeting easy」利用画面イメージ
  • 機能一覧
  • 動作環境
 富士通は24日、少人数で利用する中小規模の企業でも手軽に導入可能なSaaS型Web会議サービス「JoinMeeting easy」(ジョインミーティング イージー)の提供を開始した。

 「JoinMeeting easy」は、PCとインターネットを利用して、国内外の拠点や取引先と、オンラインミーティングをはじめ、資料や画面共有ができるWeb会議サービス。SaaSで提供するため、大規模なテレビ会議システムの構築・運用作業が不要となり、導入や運用コストの削減を実現できる。ライセンス数を3ライセンスに固定することで低価格化した。

 「JoinMeeting easy」は、PCとヘッドセット、カメラを用意し、専用クライアントソフト(無償)をインストールするだけで、資料やホワイトボードを共有しながら、ビデオ映像、音声をともなったオンラインミーティングを開催できる。サービスを提供するサーバはすべて、富士通のデータセンターで運用され、通信内容もすべて「3DES」(トリプルDES)方式で暗号化される。

 販売価格(税別)は141,600円(3ライセンス/1年間利用料。通信、PC、ヘッドセット、カメラの費用は別)。同社のショッピングサイト「WEB MART」で販売され、2月24日〜3月31日の期間はキャンペーン価格(3ライセンスにつき年額113,200円、税別)での提供となる。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top