富士通とシマンテック、グローバルな戦略的パートナーシップを拡大 | RBB TODAY

富士通とシマンテック、グローバルな戦略的パートナーシップを拡大

エンタープライズ その他

「グローバルストラテジックパートナー」サイト(画像)
  • 「グローバルストラテジックパートナー」サイト(画像)
 富士通と米Symantec Corporation(シマンテック)は2日、両社のグローバルな戦略的パートナーシップをさらに拡大し、統合ソリューションを提供していくことで基本合意したことを発表した。

 この基本合意のもと富士通は、データ保護やストレージ管理、情報セキュリティなどの分野で、富士通のストレージシステム「ETERNUS」やPCサーバ「PRIMERGY」、シマンテックのデータ/ストレージ管理ソフトウェア「NetBackup」「Backup Exec」「Backup Exec System Recovery」「Storage Foundation」、セキュリティ・ソリュ—ション「Symantec Endpoint Protection」を組み合わせて提供する予定。富士通とシマンテックは、両社の製品やサービスを組み合わせたソリューションを共同開発し、提供するとのこと。

 富士通 執行役員副社長の山本 正已氏は「当社の強みであるストレージ・サーバ製品を、ストレージ・サーバ管理、データ保護などの分野で市場をリードするシマンテックのソフトウェアと組み合わせることにより、お客様により競争力のあるソリューションを提供することが可能となると確信しております」とのコメントを寄せている。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top