KDDI、モバイルを主体とした新損害保険会社をあいおい損保と設立 | RBB TODAY

KDDI、モバイルを主体とした新損害保険会社をあいおい損保と設立

エンタープライズ モバイルBIZ

両社の概要
  • 両社の概要
  • あいおい損保サイト(画像)
 あいおい損害保険とKDDIは29日、関係当局の許認可等を前提に、モバイルを主体とする顧客・マーケット志向の新たな損害保険会社の設立に向け、共同で準備を進めることについて合意した。

 両社は準備会社「モバイル損保設立準備」を新たに設立し、新会社を通して事業免許の取得ならびに事業の開始に必要な業務を開始する。設立は2月の予定、資本金は3億円で、あいおい損害保険が66.6%、KDDIが33.4%を出資する。2011年度上半期に、可能な限り早い時期の営業開始を目指す。

 この損保会社では、携帯電話ユーザーのライフスタイルに応じた損害保険を、au携帯電話コンテンツの一環としてラインナップすることにより、「いつでも、どこでも、手軽に」利用できる、従来まではなかったまったく新しいコンセプトの損害保険事業を展開していくという。たとえば、KDDIがau携帯電話向けに提供する各種モバイルコンテンツと傷害保険等の組み合わせ、au携帯電話やサービスの利用シーンに応じた最適な保険の付加など、新しい保険サービスの実現を目指す。保険事業の展開に必要な事務・システム、コールセンター、損害サービス体制等のインフラや商品開発業務等については、あいおい損保が支援する。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top