日本サムスン、USBサブディスプレイとしても使えるBluetooth搭載デジフォト | RBB TODAY

日本サムスン、USBサブディスプレイとしても使えるBluetooth搭載デジフォト

IT・デジタル デジカメ

1000P
  • 1000P
  • 800P
  • リモコン
  • Bluetoothの利用イメージ
  • 画像表示イメージ
 日本サムスンは29日、Bluetoothで画像ファイルを転送/保存できるほか、PCのUSBサブディスプレイにもなるデジタルフォトフレームとして、10V型ワイド液晶「1000P」と8V型ワイド液晶「800P」を発表。2月20日から販売する。価格はオープンで、予想実売価格は、1000Pが24,800円、800Pが19,800円。

 両製品は、静止画はもちろん動画や音楽の再生に対応したデジタルフォトフレーム。Bluetooth2.0+EDRを搭載しており、Bluetooth対応の携帯電話やPCなどとワイヤレスで画像ファイルの転送/保存が行なえるほか、本体に保存した音楽をBluetooth対応ヘッドホンで楽しむこともできる。また、USB接続でPCのサブディスプレイとしても利用可能となっている(対応OSはWindows Vista/XP、Vistaのエアロ機能と、Windows Media Playerでの再生機能を除く)。

 2GBの内蔵フラッシュメモリに加え、外部メディアとしてSD/SDHCメモリーカードやUSBフラッシュメモリに対応。0.7W×2のスピーカーを内蔵しており、BGM付きのスライドショーや、ビデオの再生も可能。そのほかに時計/カレンダー表示機能や、時計&写真同時表示機能、オートピクチャーON/OFF機能を装備。操作ボタンはスタンド部にスターライトタッチ式を採用し、ワイヤレスリモコンを付属する。

 両製品の共通仕様として、本体カラーはクリスタルブラック。液晶にLEDバックライトを採用。輝度は230cd/m2、視野角は上下110度/左右130度。対応フォーマットは静止画がJPEG/BMP、動画がMPEG1/MPEG4/Motion JPEG1、音楽がMP3。付属品はACアダプタ/電源ケーブル/USBケーブルなど。

 さらに1000Pは、解像度が1,024×600ピクセルでコントラスト比が500:1。本体サイズが幅272×高さ118×奥行き197.4mm、重さが750g(スタンド含む)。800Pは、解像度が800×400ピクセルでコントラスト比が300:1。本体サイズが幅228×高さ118×奥行き167.4mm、重さが670g(スタンド含む)。
《加藤》

関連ニュース

特集

page top