富士通、新社長に現執行役員常務の山本正己氏が就任へ | RBB TODAY

富士通、新社長に現執行役員常務の山本正己氏が就任へ

エンタープライズ その他

新社長となる山本正己氏(現執行役員常務)
  • 新社長となる山本正己氏(現執行役員常務)
 富士通は22日、取締役会において指名委員会による提案を受け、社長、および社長を補佐する5名の副社長人事を決定したことを発表した。

 4月1日付で、現・代表取締役会長兼社長の間塚道義氏が代表取締役会長に就任、現・執行役員常務の山本正己(やまもと まさみ)氏が執行役員社長に就任する。またこれに先立ち、本日1月22日付けで山本氏は執行役員副社長に就任するとのこと。

 山本氏は、1954年1月11日生まれ、1976年4月に富士通に入社し、パーソナルビジネス本部長、ユビキタスプロダクトビジネスグループ長、システムプロダクトビジネスグループ長などを務め、現在に至っている。

 社長を補佐する副社長5人には、リチャード・クリストウ氏(現・執行役員副社長)、石田一雄氏 (現・執行役員上席常務)、藤田正美氏(現・執行役員常務)、佐相秀幸氏(現・執行役員常務)、生貝健二氏(現・執行役員)が4月1日付けで就任する予定。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top