ドコモ、Android搭載スマートフォン「Xperia」を4月発売へ | RBB TODAY

ドコモ、Android搭載スマートフォン「Xperia」を4月発売へ

ブロードバンド その他

ドコモの新スマートフォン「Xperia」
  • ドコモの新スマートフォン「Xperia」
  • 「ドコモマーケット」サービスイメージ
  • Xperia外観
  • Xperia外観
 NTTドコモは21日、ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ製「Xperia」の日本市場向け新モデル「ドコモ スマートフォンXperia」を開発したことを発表した。2010年4月発売の予定。

 「Xperia」は、搭載OSに“Android 1.6”を採用したスマートフォン。高性能1GHz CPUを搭載。送信時最大2.0Mbps、受信時最大7.2MbpsのFOMAハイスピードに対応する。フルタッチパネルとともに、基本操作には独立ハードウェアキーを採用した。ドコモでは「音楽をはじめとした、あらゆるメディア、コミュニケーション、ネットを操る新感覚エンタテインメントマシン」として位置付けているという。

 直感的な操作で音楽、動画、写真を自由に操る独自アプリ「Mediascape」も搭載する。音楽再生中に「infinite(インフィニット)」ボタンを押すことで、再生中のアーティストに関連する情報やミュージックビデオなどを、ケータイ内だけでなく、WEB上の情報まで簡単に検索できる。また、ケータイの使用履歴を美しく一元表示し、よく使う機能に指一本ですばやくアクセスできるアプリ「Timescape」も搭載。「infinite」ボタンを押すことで、友人との電話・メール・SNS(mixi、Twitter、Facebook)のやりとりをすべて検索・一覧表示できる。もちろんGmail、Google Talk、Googleマップ(ストリートビュー機能つき)、YouTube、AndroidマーケットなどのGoogleサービスに対応、動画再生では「YouTube」の高画質モードに対応する。

 また高画質810万画素オートフォーカス対応カメラ、および顔認識エンジンを搭載。「電話帳」の顔写真と連動し、撮影した写真の顔に名前を表示する。表示された名前をタッチすることで、電話やメールが送信できるといった使用方法も可能。

 サイズは高さ約119mm×幅約63mm×厚さ約13.1mm、約139グラム。連続待受時間(静止時[自動])は3Gが約300時間、GSMが約230時間。連続通話時間は3Gが約290分、GSMが約270分。ディスプレイ(サイズ/ドット数・通称/種類/発色数)は約4.0インチ/横480ドット×縦854ドット・フルワイドVGA/TFT液晶/65,536色。オートフォーカス対応CMOSカメラ(約810万画素/約800万画素)、1GBメモリを内蔵。外部メモリとしてmicroSD(最大2GB)、microSDHC(最大16GB)に対応する。カラーはSensuous Black、Luster Whiteの2種。

 なお本機種の発売に合わせて、ドコモでは、スマートフォン向けポータル「ドコモマーケット」の提供も開始する。端末のホーム画面からワンタッチでサイトにアクセスができ、さまざまなスマートフォン向けドコモオリジナルコンテンツが提供される予定。月額利用料は無料(別途パケット通信料が必要)で、Xperiaおよびdocomo PRO series HT-03Aで利用可能。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top