パナソニック、大容量96GBフラッシュメモリ内蔵のHDビデオカメラほか3モデル | RBB TODAY

パナソニック、大容量96GBフラッシュメモリ内蔵のHDビデオカメラほか3モデル

IT・デジタル デジカメ

「HDC-TM70」
  • 「HDC-TM70」
  • 「HDC-TM60」
  • 「HDC-HS60」
 パナソニックは13日、デジタルハイビジョンビデオカメラ「HDC-TM70」、「HDC-TM60」、「HDC-HS60」を発表。2月20日から発売する。価格はオープンで、予想実売価格はHDC-TM70が120,000円前後、HDC-TM60/ HDC-HS60が100,000円前後。

 HDC-TM70が96GBフラッシュメモリ、HDC-TM60が64GBフラッシュメモリ、HDC-HS60が160GBのHDDを内蔵。HDC-TM70では、フルHD記録で最大41時間10分の長時間記録(HEモード)が可能だという。

 それぞれ、SD/SDHCカード(最大32GB)、新規格のSDXCカードに対応。カードを挿入している場合、HDC-TM70/HDC-TM60では、内蔵メモリがフルになった際には、リレー録画が行なえる。

 共通の特長として、光学ズームが25倍、デジタルズームが60/250倍。新開発の「HDクリスタルエンジン・プロ」を搭載し、最適な画像処理を行なう超解像技術を実現したという。これにより、ズーム倍率を35倍まで上げてもハイビジョン画質を保つことができるiAズームを可能とした。また、広角35.7mmレンズを採用している。

 新・手ブレ補正(POWER O.I.S)により、歩き撮りやズーム時の手ブレにも対応。そのほか、風の音だけを自動で抑制する「風音キャンセラー」機能、被写体を自動で追尾しながら明るさとピントを自動調節する「追っかけフォーカス」、5つのシーンに合わせて最適な撮影が行なえる「おまかせiA」などを搭載した。また、動画再生中に「フォトショットボタン」を押すだけで、記録した動画から2.1メガ(1,920×1,080ピクセル)の静止画を切り出すことが可能だ。

 液晶は2.7型ワイドタッチパネルを採用。撮像素子は1/4.1型MOSセンサーで、総画素数は332万画素、有効画素数は動画が211万画素、静止画が228万画素。インターフェースはAV/マイク/D3映像出力/HDMI出力/USB2.0/ミニUSB(タイプAB)。保存形式は動画がMPEG-4 AVC/H.264、静止画がJPEG。本体サイズはHDC-TM70/HDC-TM60が幅51.5×高さ65.5×奥行き112mm、HDC-HS60が幅54.5×高さ65.5×奥行き112mm。重さはHDC-TM70が約302g、HDC-TM60が約301g、HDC-HS60が約369g(すべてバッテリ含む)。ACアダプタ/電源コード/USBケーブル/タッチペンなどが付属。カラーはHDC-TM70がムーンブラック、HDC-TM60/HDC-HS60がサニーシルバー。
《小口》

関連ニュース

特集

page top