アイ・オー、USB接続の外付けHDDに対応し番組録画も可能な地デジチューナー | RBB TODAY

アイ・オー、USB接続の外付けHDDに対応し番組録画も可能な地デジチューナー

IT・デジタル テレビ

本体
  • 本体
  • 付属のリモコン
  • パッケージ
  • 正面操作部
  • 背面インターフェース
 アイ・オー・データ機器は、番組視聴はもちろん、USBで接続した外付けHDDに番組録画も可能な地上/BS/110度CSデジタルチューナー「HVT-BCT300」を発表。2月中旬から販売する。価格は27,720円。

 同製品は、アナログテレビでも地上/BS/110度CSデジタル放送を視聴できる地上デジタルチューナー。USB対応の外付けHDDと接続すれば番組録画も可能。EPG(電子番組表)からの録画予約にも対応する(データ放送と、110度CSデジタル放送の録画は2010年中のファームウェアアップデートにて対応予定)。地デジ専用テレビに接続すればダブルチューナーとしての利用が可能で、テレビのチューナーで地デジ番組を見ながら、同製品で地デジの裏番組やBSデジタル番組を録画できる。

 ネットワークメディアプレーヤー機能を搭載しており、AVCHDビデオカメラを接続し、撮影した映像をテレビで楽しむことが可能。USB接続の外付けHDDに保存することもできる。また、LAN(ホームネットワーク)を経由すれば、録画番組を他の部屋のテレビで見られるほか、PCやNAS(ネットワークHDD)に保存した動画・写真・音楽を他の部屋で楽しめる。さらに、Windows 7に標準搭載された「Windows Media Player12」をサーバーとして使うことができ、Windows 7の新機能「リモート再生」を使い、Windows 7搭載PCから同製品を遠隔操作して、ネットワークにつながった機器内のコンテンツを再生することができる。

 そのほかの機能として、SD/SDHCメモリーカードスロットを装備しており、デジタルカメラで撮影してSD/SDHCメモリーカードに保存した画像をテレビで楽しむことが可能。基本操作を行なえる専用リモコンを付属し、「HDMIリンク機能」に対応する。

 おもな仕様として、インターフェースはUSB2.0/1.1×2、LAN×2(ハブ機能搭載)、SD/SDHCメモリーカードスロット、HDMI、光デジタル音声、D映像など。本体サイズは、幅約260×高さ55×奥行き185mm、重さは約1.3kg。付属品は、ACアダプタ(1.5m)/ACケーブル(1.5m)/AVケーブル(1.5m)/LANケーブル(2m)/専用リモコンなど。
《加藤》

関連ニュース

特集

page top