アーキサイト、ナス型デザインで疲れにくい光学マウス | RBB TODAY

アーキサイト、ナス型デザインで疲れにくい光学マウス

IT・デジタル ノートPC
“I-T”Click,Click2
  • “I-T”Click,Click2
  • 新モデルのサイズは旧モデルから1.5倍に
  • 使用イメージ
  • 使用イメージ
 アーキサイトは、USB接続光学マウス「“I-T”Click,Click2」シリーズを発表。22日より発売する。価格はオープンで、予想実売価格は1,980円。

 同製品は、スペイン・Suvil社製で人差し指と親指で使用するタイプのUSB接続光学マウス。一般的なマウスの左キーが人差し指で制御する上側のキーに相当し、右キーが親指で制御するサイドキーに相当する。スクロールボタンも2本の指で簡単に操作することが可能。エルゴノミクス(人間工学)に基づいた設計を採用しており、手が疲労しにくい仕様となっている。前シリーズ「“I-T”Click,Click」(以下ITCC)よりサイズが約1.5倍になり、デスクトップ用としても違和感なく使えるようになったという。

 スペイン人デザイナーによる多彩なカラーバリエーションで、全5色を用意。カラーは、クールブラック/グレイッシュホワイト/オータムレッド/カクタスグリーン/レイクブルー。マウスの表面にはラバー加工を施し、マットな手触りで心地良い使用感を演出するとのこと(※グレイッシュホワイトのみマット加工なし)。デザインはナスを彷彿させるものとなっている。

 2ボタンとスクロールホイールを装備。応答速度は800cpi。対応OSはWindows 2000/XP/Vista/7。ケーブル長は1.35m。本体サイズは幅112×高さ35×奥行き23mm。

 なお、初代ITCCはスペイン・ポルトガルをはじめとした地中海諸国、南米諸国で、児童のためのPC教育用教材として採用されており、同社では「親子で使えるフィンガーマウス」とうたっている。
《》

関連ニュース

特集

page top