プラネックス、世界最小クラスをうたう無線LAN USBアダプタ | RBB TODAY

プラネックス、世界最小クラスをうたう無線LAN USBアダプタ

 プラネックスコミュニケーションズは17日、無線LAN USBアダプタ「GW-USMicroN2W」を発表。12月下旬より発売を開始する。価格は2,100円。

IT・デジタル ノートPC
「GW-USMicroN2W」
  • 「GW-USMicroN2W」
  • 「GW-USMicroN2W」
  • 「GW-USMicroN2W」
 プラネックスコミュニケーションズは17日、無線LAN USBアダプタ「GW-USMicroN2W」を発表。12月下旬より発売を開始する。価格は2,100円。

 同製品は、IEEE802.11n対応のUSBアダプタでは世界最小クラスをうたう超小型の無線LAN USBアダプタ(12月1日現在、同社調べ)。本体サイズは幅16×高さ8×奥行き25mm、重さは3.5gとなっている。PCに装着した場合の突出は15mm。

 無線LAN規格は高速なIEEE802.11nを始め、IEEE802.11b/gにも対応。付属ユーティリティ設定により、同製品を装着したPCを無線LANアクセスポイントとして利用できる。これにより、iPhoneやiPod touch、PSPやニンテンドーDSなどの無線LAN接続を可能とした。ただし、別途ブロードバンドルーターなどでインターネットに接続された環境は必須(本機能はMac OS非対応)。また、家庭用ゲーム機の人気ソフトをweb経由でプレイできるソフト「XLink Kai」の公式推奨品となっており、世界中のプレーヤーとオンラインでのゲームを楽しむことができる。

 セキュリティにはWEP(64/128ビット)、WPA、WPA2を採用し通信データを暗号化。無線LANクライアントモードの対応OSはWindows 7(32ビット/64ビット)/Vista(32ビット/64ビット)/ XP(32ビット)、Mac OS X 10.4〜10.6。電源はUSBバスパワー。
《小口》

関連ニュース

特集

page top