日本HP、SMB市場向け新世代DATテープドライブ「StorageWorks DAT 320」発表 | RBB TODAY

日本HP、SMB市場向け新世代DATテープドライブ「StorageWorks DAT 320」発表

エンタープライズ モバイルBIZ
HP StorageWorks DAT 320
  • HP StorageWorks DAT 320
  • 構成例
 日本ヒューレット・パッカードは8日、最新の第7世代DDS(Digital Data Storage)テクノロジーを採用したDAT(Digital Audio Tape)ドライブ「HP StorageWorks DAT 320」を発表、販売を開始した。12月下旬より出荷を開始する。

 HPは、これまでテープドライブの技術向上に継続して投資を行っている。テープによるバックアップは経済性や堅牢性、耐久性に優れた特性に加え、データ保管に電力を使わないため、グリーンITの観点でも注目されている。今回の新製品「DAT320」では、従来LTOシリーズで搭載されていた暗号化機能を初めて搭載し、エントリーサーバ向けのデータバックアップ装置としてセキュリティ強化を実現した。これにより、J-SOX法などの法令に対応したデータバックアップシステムを導入する顧客の要望に応えるとのこと。加えて従来のDAT製品と比べて約2倍の大容量と高転送速度を有し、コストを重視する中小規模(SMB)市場向けの製品となっている。

 「DAT 320」の非圧縮時容量は160GBで、非圧縮時最大圧縮転送速度43.2GB/時でデータをバックアップ可能。下位互換性保証でDAT160メディアのデータをリードライトすることもできる。インターフェイスはUSB/SASを用意し、USBモデルはプラグ&プレイ接続に対応する。「DAT 320」の価格は、USBドライブ(内蔵型)が税込113,400円、USBドライブ(外付型)が134,400円、1U USBラックマウントキット(DAT320 USB搭載)が144,900円。SASドライブ(内蔵型)が123,900円、SASドライブ(外付型)が144,900円。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top