サンワダイレクト、固定したまま操作が可能な親指操作型トラックボールマウス | RBB TODAY

サンワダイレクト、固定したまま操作が可能な親指操作型トラックボールマウス

IT・デジタル ノートPC
親指操作型トラックボールマウス「400-MA020」
  • 親指操作型トラックボールマウス「400-MA020」
  • 操作イメージ
  • 各部の名称と機能
 サンワサプライは同社直販サイト「サンワダイレクト」にて11日、手首への負担を軽減し、省スペースで利用できる親指操作型トラックボールマウス「400-MA020」を発売した。価格は4,980円。

 同製品は、人間工学に基づくエルゴノミクスデザインを採用した親指操作型トラックボールマウス。カーソルの移動等はマウスをすべらせることなく、本体上部のトラックボールによって操作が可能。肘や手首を動かさないので腱鞘炎になりにくく、手首の負担を軽減するという。

 親指操作型となっているため、他の指でクリックボタン等を押す際の邪魔にならず、通常のマウスのように操作可能。また、手に馴染む緩やかな曲線と広い手のひら部は安定した操作感を生み出している。なお、マウスを移動せずに操作できるため、省スペースでの作業にも適している。

 そのほかの機能や仕様として、ショートカット機能、左右ボタンやスクロールボタン、ウィンドウ切り替えボタン、インターネットボタンを搭載。ボタンは5ボタン(スクロールボタンを含む)。読取は光学式で、分解能は1,000カウント、インターフェースはUSB1.1/2.0。対応OSはWindows 7/Vista/XP/2000/Me、Mac OS X 10.2以降。ケーブル長は約1.5m、本体サイズは幅145×高さ42.2×奥行き100mm、重さは約140g(ケーブル含む)、トラックボール部の径は38mm。
《加藤》
【注目の記事】[PR]

関連ニュース

特集

page top