18ボタン+ジョイスティック搭載のマウス「OpenOfficeMouse」 | RBB TODAY

18ボタン+ジョイスティック搭載のマウス「OpenOfficeMouse」

 WarMouseは現地時間6日(現地時間)、OpenOffice.orgとの協力で開発した18ボタン搭載のマウス「OpenOfficeMouse」を発表。専用サイトにて近日発売開始される見込み。価格は74.99米ドル。

IT・デジタル ノートPC
使用イメージ
  • 使用イメージ
  • コマンド割り当ての一例
 WarMouseは6日(現地時間)、OpenOffice.orgとの協力で開発した18ボタン搭載のマウス「OpenOfficeMouse」を発表。専用サイトにて近日発売開始される見込み。価格は74.99米ドル。

 OpenOfficeMouseの着想はTreo社のスマートフォンがベースになっている。開発を進める中で、ゲーム用途以外にアプリケーションにも適用できる点に着目した。

 マウス上部にボタンがずらりと並んだデザインは斬新そのもの。具体的には18のボタンと向かって左にアナログ式ジョイスティックを搭載した。リリースによると、52個のキーコマンド割り当てを併用すれば「好きなことが何でもできる」とうたう。一例として、ジョイスティックをゲームに使用するだけでなく、OpenOffice.org のCalcや、Microsoft OfficeのExcelの操作や、3Dソフトの回転作業に割り当てることも可能だという。

 既にOpenOffice.org3.1用のコマンドは割り当てられており、製品に同梱されたOpenOfficeMouseセットアップ用ソフトを使えば容易なカスタマイズが可能。また、個々のアプリケーション用のカスタマイズ用ソフトウエアは「GNU Lesser General Public License version 3」というオープンソースプロジェクトの名の下に、2010年第1四半期をメドに配布される予定だ。

 ほかに「Adobe Photoshop」、「Autodesk AutoCAD」、「GIMP」、「Microsoft Office 2007」といったアプリケーションや、「World of Warcraft」、「Call of Dutyシリーズ」などのゲームを含む20種類のデフォルトプロファイルを装備。512kのフラッシュメモリを内蔵し、解像度は400〜1,600cpiに対応。対応OSはWindows、Linux、Mac、PS/3。有線タイプのみを用意した。本体サイズは幅68×高さ43×奥行き110mm。
《小口》

関連ニュース

page top