川崎市、イッツコムへ防災気象情報を提供開始 | RBB TODAY

川崎市、イッツコムへ防災気象情報を提供開始

ブロードバンド その他

「iTSCOM ch Live」画面イメージ
  • 「iTSCOM ch Live」画面イメージ
  • 情報が配信されると、自動的に(5)の上段部分スクロールが赤字で防災気象情報に切り替わる
 川崎市は30日、イッツ・コミュニケーションズ(イッツコム)が運営するケーブルテレビ放送「iTSCOM ch Live」に対して、防災気象情報(災害情報や気象情報など)の提供を開始すると発表した。

 川崎市では、電子メール配信サービス「メールニュースかわさき」、ホームページ「川崎市防災情報ポータルサイト」などを通して、市民に防災気象情報を提供しており、今回のイッツコムへの情報提供はその延長にあたるもの。提供は11月2日からで、川崎市からの緊急のお知らせ、雨量通知情報および水位警戒情報、竜巻注意情報土砂災害警戒情報、記録的短時間大雨情報、光化学スモッグ情報などが提供される。

 「iTSCOM ch Live」は、多摩川・鶴見川や渋谷・用賀付近の道路のライブ映像、道路渋滞マップを中心に、東急各線運行情報、安心安全情報、お天気情報などを24時間ライブで放送しているチャンネル。川崎市から防災気象情報が配信されると、自動的に上段部分スクロールが赤字で防災気象情報に切り替わる。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top