ビクター、VHS一体型のBlu-rayディスクレコーダー——実売13万円前後 | RBB TODAY

ビクター、VHS一体型のBlu-rayディスクレコーダー——実売13万円前後

IT・デジタル レコーダー

「DR-BH250」
  • 「DR-BH250」
  • 「DR-BH250」
  • 「DR-BH250」
 ビクターは30日、VHS一体型のBlu-rayディスクレコーダー「DR-BH250」を発表。11月上旬から発売する。価格はオープンで、予想実売価格は130,000円前後。

 同製品は、Blu-rayディスク、250GBのHDD、VHSビデオデッキを搭載した一体型モデル。HDDからはハイビジョン画質のままBlu-rayへ、VHSからはBlu-rayディスク1枚(約20時間、片面2層SPモード)へテープ10本分(120分SPモード)のダビングが可能。過去のVHS資産を手軽にBlu-ray保存できる。

 地上・BS・110度CSデジタルチューナーを2基搭載。Gガイドの電子番組表(EPG)を採用し、HDDへの2番組同時録画が行なえる。また、「MPEG-4 AVCエンコーダー(AVCREC対応)」の採用により、デジタル放送をフルHD画質でHDD、Blu-rayに最長約5.5倍の録画に対応した。そのほか、AVCHD方式のハイビジョンビデオカメラの動画取り込みが可能なUSB端子と、SD/SDHCカードスロットを装備している。

 HDMI CEC対応テレビとHDMIケーブルで接続することにより、簡便な連動操作を実現。1080/60pの高画質出力が可能な高性能IP変換、Deep Color対応、映画ソフトの24pコンテンツ出力といった高画質なテクノロジーを搭載する。また、Blu-rayディスクの特典映像が楽しめるBD-Live/Bonus View、ダビング10にも対応した。インターフェースはHDMI/D映像端子(D1/D2/D3/D4)/ S映像/ビデオ/音声/光デジタル/USB/ SD/SDHCカードスロット/LAN/電話回線。本体サイズは幅435×高さ99.5×奥行き395mm、重さは6.8kg。
《小口》

関連ニュース

特集

page top