三菱、超解像機能「DIAMOND HD」を搭載したBlu-rayディスクレコーダーなど3モデル | RBB TODAY

三菱、超解像機能「DIAMOND HD」を搭載したBlu-rayディスクレコーダーなど3モデル

IT・デジタル レコーダー

DVR-BZ330/ DVR-BZ230
  • DVR-BZ330/ DVR-BZ230
  • DVR-BV530
 三菱電機は、同社のBlu-rayディスクレコーダー「REAL ブルーレイ」シリーズの新モデルとして「DVR-BZ330」、「DVR-BZ230」、「DVR-BV530」を発表。「DVR-BZ330」、「DVR-BZ230」を10月1日から、「DVR-BV530」を10月21日から発売する。

 DVR-BZ330は1TB、DVR-BZ230は500GB、DVR-BV530は320GBのHDDを搭載。DVR-BV530のみ、VHS一体型のモデルとなる。価格はDVR-BZ330が180,000円前後、DVR-BZ230が140,000円前後、DVR-BV530が120,000円前後。

 全モデルに操作がしやすい新リモコンが付属し、録画予約や再生などで簡便性を図った。DVR-BZ330には、超解像機能「DIAMOND HD」を搭載。この機能は、独自の高度な画像処理アルゴリズムによってオリジナル映像のぼやけ成分を解析し、元の画像にはない高解像度情報を推定して画質補正を行なうというもので、これにより人物の顔などの映像の詳細までクリアに再生可能だという。ただし、本体とTVをHDMIケーブルで接続している時のみ有効となる。

 DVR-BZ330は映像配信サービス「アクトビラ」に対応。ブロードバンド回線に接続することで、「アクトビラ ベーシック」、「アクトビラ ビデオ」、「アクトビラ ビデオ・フル」の利用が可能となっている。また、「アクトビラ ビデオ・フル/ダウンロード」にも対応することで、ダウンロードした映像コンテンツをBlu-rayディスクやDVDディスクなどへダビングできる。

 そのほか、全モデル共通として、スポーツ番組や音楽番組の見どころだけを自動再生する「見どころ再生」、画像で見たいシーンを探せる「シーン検索」などの便利機能を装備。同社の液晶TV「REAL」と連動した「REALINK」にも対応し、「一発録画」機能、「再生リスト表示」機能などがTV側のリモコンから行なえる。また、VHS一体型のDVR-BV530は、そのままVHSテープから内蔵HDDやBlu-rayディスクなどへのダビングが可能となる。

 LAN端子はDVR-BZ330のみ、iLINKはDVR-BZ330/ DVR-BZ230に搭載。そのほか共通のインターフェースはHDMI/USB(前面)/SDカードスロット(前面)/光デジタル音声/D4/S映像/映像/音声など。本体サイズはDVR-BZ330/ DVR-BZ230が幅430×高さ58×奥行き314mm、DVR-BV530が幅435×高さ99.5×奥行き388mm。重さはDVR-BZ330が約4.5kg、DVR-BZ230が約4.4kg、DVR-BV530が約6.6kg。
《小口》

関連ニュース

特集

page top