サンコー、1,280×1,024ピクセルの高解像度を実現したUSB接続のマイクロスコープ | RBB TODAY

サンコー、1,280×1,024ピクセルの高解像度を実現したUSB接続のマイクロスコープ

IT・デジタル ノートPC

「Dino-Lite PRO2」
  • 「Dino-Lite PRO2」
  • 「Dino-Lite PRO2」の本体と付属品
  • アタッチメントの着脱が可能に
  • LEDライトを内蔵
  • 「Dino-Lite PRO2」
  • 「Dino-Lite PRO2」各部の詳細
 サンコーは26日、USB接続のマイクロスコープ「Dino-Lite PRO2」を発売開始。直販サイト価格は42,800円。

 同製品は、同社のロングセラーとなっているマイクロスコープ「Dino-Lite」シリーズの新作。倍率は10〜230倍まで可能で、USB接続によりPC上で静止画・動画の確認・データ保存が行なえる。これまでのシリーズは、おもに頭皮や肌のチェックなどに用いられているという。

 解像度は640×480ピクセルのVGAサイズから、1,280×1,024ピクセルのSXGAサイズまで対応。同製品ではシリーズ中で初めてレンズ部のアタッチメント着脱が可能となり、より接近しての撮影を可能とした。また、レンズカバーも初めて採用されている。

 「ライン」、「連続ライン」、「半径円」、「直径円」、「3点円」、「Angle」といった6種類のメジャー機能をもつソフトを同梱。例えば基盤などを撮影した後にサイズを計測するなど、より専門的な作業にも役立つとうたう。測定は接続状態のPC上から、マウスをドラッグするだけで可能だ。

 ライトは内蔵8LEDライト。インターフェースはUSB2.0、対応OSはWindows Vista/XP/2000。撮像素子は1/4 インチCMOSセンサー。サイズは径32×奥行き93mm、重さは98g。静止画保存形式はBMP、動画保存形式はAVI。
《小口》

関連ニュース

特集

page top