フォトショップを使って「ガンダムの名場面をリアルに見せる方法」公開 | RBB TODAY

フォトショップを使って「ガンダムの名場面をリアルに見せる方法」公開

エンタメ その他

機動戦士ガンダムの名場面をリアルに見せる方法
  • 機動戦士ガンダムの名場面をリアルに見せる方法
  • DEKIMAGA
 画像編集ソフトAdobe Photoshopを使って写真のレタッチの楽しさや喜びを体験するためのオンラインマガジン「DEKIMAGA」で、「機動戦士ガンダムの名場面をリアルに見せる方法」を公開した。

 特集「機動戦士ガンダムの名場面をリアルに見せる方法」は、ガンダムのプラモデル、いわゆる“ガンプラ”を撮影したものをPhotoshopで実写の写真画像などと合成し、レタッチ(修正・加工)することで、本物のガンダムの世界観、モビルスーツ同士の距離関係や設定などをリアルに描いて見せるもの。今回再現したシーンは、初代ガンダム序盤の名場面、ガンダムVS黒い三連星の「ジェットストリームアタック」。臨場感溢れるシーンを再現している。

 特集は「PANORAMA MODE」、「GUNDUM EYE MODE」の2つで構成。「PANORAMA MODE」では戦場暗視カメラで撮影された設定で臨場感のある風景を再現。迫真の戦闘シーンを創り出すため、撮影したガンダム、ドムに実写の写真画像を合成、レタッチを加えていくことでガンダムの世界観にリアリティを出していく過程を公開している。

 「GUNDUM EYE MODE」では、ガンダムの視点からドム三体の姿をAdobe FlashとAdobe AfterEffectsで表現。マウスの動きに連動して動くインタラクティブ性のある映像を楽しめる。撮影したガンプラから、カメラワーク、光や砂埃の効果を加えるといったステップを踏み映像が完成している。特集を閲覧するには「DEKIMAGA」の購読が必要だ。
《関口賢》

関連ニュース

特集

page top