デジマム急増中! 80%以上の母親が「子育てにネット必要」 | RBB TODAY

デジマム急増中! 80%以上の母親が「子育てにネット必要」

エンタメ その他

渡辺美奈代さん(左)と市井紗耶香さん(右)
  • 渡辺美奈代さん(左)と市井紗耶香さん(右)
  • ステージでは育児ライフを応援するトークショーが行われた
  • 渡辺美奈代さんのお気に入りは取り寄せグルメのサイトとのこと
  • 「子供と一緒に楽しめるサイトを見つけたいです」と渡辺さん
  • 市井紗耶香さんは母親向けのポータルサイトがすごく役に立つとコメント
  • 「ぜひ撮影した子供の動画を送ってみたいです」と市井さん
  • 渡辺美奈代さん、市井紗耶香さんともに2児の母
  • 会場には約60名の「デジマム」が大集合!
 「いまどきママの子育て みーてぃんぐ 〜『デジマム』たちのネット子育てライフ大公開〜」と題したイベントが14日、都内で開催された。このイベントは、光ブロードバンドサービスを提供するNTT西日本が、「デジマム」と呼ばれるインターネットを活用する母親たちの育児ライフを応援するために開催したもので、会場には「デジマム」ことママブロガー約60名が出席。また、それぞれ2児の母でもあるタレントの渡辺美奈代さん、市井紗耶香さんがステージに登壇しトークを繰り広げた。

 渡辺美奈代さんは「まだまだパソコン初心者ですけど、小学6年生の長男に教えてもらいながら利用しています。子供の勉強の調べものなどではインターネットが大活躍ですし、自分のブログの更新や、お取り寄せグルメにもハマっています(笑)」とコメント。

 市井紗耶香さんは「私も使いこなせているとは言えないですが、ブログはもちろん、子供が体調を崩したときに応急処置の方法や医療機関をすぐに調べられて助かっています。母親向けのポータルサイトもよく利用しています。」とインターネットを重宝していることが語られた。

 NTT西日本のリサーチ結果からは、インターネットの浸透によって、「デジマムは公園デビュー(2.9時間/週)よりネットデビュー(3.9時間/週)」「ママになって、ケータイ派(11.4%)からパソコン派(79.6%)に転身」「4割以上(42.2%)が1日2時間以上パソコンでのネットタイムを確保」と、育児の常識に変化が起きていることが伺える。

 「デジマム」たちの「e子育て」については、「雑誌(44.3%)やテレビ(44.1%)よりもインターネット上の育児情報(55.1%)」「87.9%がネットショッピングを利用」「YouTubeで子守唄を聞かせ、動画を送ってネット帰省などのe子育て」など、インターネットはこれからの子育てインフラになることがわかった。

 育児については、「姑(19.1%)よりもWebサイト(20.6%)に聞く」「8割以上が“子育てにインターネットは必要”」と回答。また、「4人に1人がインターネットで悩み相談」と、インターネットはデジマムたちの生活とココロを支えるライフパートナーになっているようだ。次々と公表される興味深いデータにステージの渡辺さんと市井さんはもちろん、会場のデジマムたちの興味津々ぶりが印象的だった。

 会場のデジマムたちからの質疑応答では、「ブログのネタがないときはどうしたらいいですか?」という質問が寄せられ、渡辺さんは「些細なことでも書いてみたら楽しいですよ。先日は自宅にヤモリが入ってきたこととか書きました。(笑)」、市井さんは「私は気張らずに普段の日常を綴っています。がんばりすぎないでください。」とアドバイスしていた。

 幅広い情報収集やブログの更新、撮影した動画の送信など、インターネットを賢く活用し、楽しく効率的な子育てライフを送るママたちが、ますます増えていきそうだ。
《野路敬生》

関連ニュース

特集

page top