レノボ・ジャパン、タワー型の「ThinkServer」シリーズ“TD200”“TD200x”を発表 | RBB TODAY

レノボ・ジャパン、タワー型の「ThinkServer」シリーズ“TD200”“TD200x”を発表

 レノボ・ジャパンは15日、仮想化に対応した中・小規模企業向けのタワー型サーバ「ThinkServer TD200」と「ThinkServer TD200x」を発表した。

エンタープライズ モバイルBIZ
ThinkServer TD200x(左)およびThinkServer TD200(右)
  • ThinkServer TD200x(左)およびThinkServer TD200(右)
  • TD200xの仕様概要
 レノボ・ジャパンは15日、仮想化に対応した中・小規模企業向けのタワー型サーバ「ThinkServer TD200」と「ThinkServer TD200x」を発表した。

 「ThinkServer」は、Microsoft、VMWare、Novell、Red Hatなどのベンダの仮想化ソリューションをサポート、仮想化に対応したサーバ群となっている。「ThinkServer TD200」と「ThinkServer TD200x」は、先日発表されたラック・マウント型ThinkServerに続くタワー型サーバのシリーズで、インテルXeonプロセッサ5500シリーズを搭載、最大4.8TBの大容量ストレージをサポートする。「ThinkServer TD200」は、インテルXeonE5502/E5540プロセッサを搭載し、最大96GBまでの高速DDR3メモリ搭載可能、最大4TBまでの大容量ストレージを利用できる。「ThinkServer TD200x」は、インテルXeonE5502/E5520/E5530プロセッサを搭載し、最大128GBの高速DDR3メモリ搭載可能、最大4.8TBまでの大容量ストレージを利用できる。稼働対応OSは、Microsoft Windows Server 2008(Standard and Enterprise)など。ユーザは複数の既存サーバを1つのThinkServerに統合し、ハードウェアのコストと消費電力を削減できる見込みだ。

 またすべてのモデルにデータ保護機能(RAID)が標準装備されているため、ハードディスクなどが故障した際のデータ損失にも備えられる。RDXテープストレージも兼ね備えており、簡易なデータバックアップを利用できる。従来製品より環境対策も強化され、すべてのThinkServer製品はEUのRoHS指令(2006年7月施行)に準拠、米国環境保護庁のEnergy Star for Computer Servers 1.0にも対応している。Webインターフェイスを通して「常時接続」状態で、遠隔からサーバ管理をサポートするシステム管理機能、IMM(Integrated Management Module)を実装。IMMによって時間と場所を選ばず、サーバに障害が発生した場合や電源がオフの状態でも、ThinkServerにリモートでアクセスして管理できる。また、指定モデルに搭載のIMM Premiumは、IMMの機能に加え、KVM(Keyboard/Video/Mouse操作)、ローカルDISKやドライブのサーバへのアタッチ、OS障害スクリーンのキャプチャなどの機能をリモートから実現する。

 あわせて同社ではサーバのセットアップ、更新、管理をスピーディに行えるようにするための、トータル・サポート・サービスを提供する。「ThinkServer」を初めて利用する場合には、最初の90日間をトライアル期間とし、無料で「ThinkPlus Priority Support」を利用できる。これはハードウェアとソフトウェアの両方を網羅した統合サポート・パッケージで、迅速なオンサイト・サポートを通じ、導入後の新しい環境にともなう疑問点や問題を迅速に解決し、新しいサーバ環境に慣れることを目的としている。内容には、「ハードウェアとソフトウェアの両方に関する24時間対応の電話サポート」「上級レベルの技術者による電話対応」「4時間のオンサイト・サービス(オプション)」「オンライン・サーバ・データ・バックアップ(オプション)」「サーバの設置とオンライン・トレーニング(英語)のサービスを含む「ThinkPlus Productivity」パッケージ提供(オプション)」などが含まれる。
《池本淳》

関連ニュース

特集

page top