オープンワイヤレスプラットフォーム、地域WiMAX通信サービスを開始 | RBB TODAY

オープンワイヤレスプラットフォーム、地域WiMAX通信サービスを開始

エンタープライズ モバイルBIZ

慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス周辺から湘南台駅方向に向かった約3.2kmが、サービス提供エリアとなる(2009年9月17日時点)
  • 慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス周辺から湘南台駅方向に向かった約3.2kmが、サービス提供エリアとなる(2009年9月17日時点)
 オープンワイヤレスプラットフォームは11日、神奈川県藤沢市湘南台地区における地域WiMAX通信サービスの開始を発表した。9月17日よりの開始となる。

 オープンワイヤレスプラットフォームは、地域ワイヤレスアクセス事業の提供のため3月31日に、インテック、ジュピターテレコム(J:COM)、ブロードバンドタワー、ワイドリサーチ他の出資を受け、神奈川県藤沢市にて設立された合同会社。その後6月24日に、総務省関東総合通信局より神奈川県藤沢市における「2.5GHz帯を用いる広帯域移動無線アクセスシステム(地域WiMAX)」の無線局免許を取得し、事業開始に向けて、設備の準備を進めていたが、設備および運用の準備が整ったため、地域WiMAX通信サービスの開始となった。

 当初事業は、藤沢市湘南台地区において学術機関、地方公共団体、商店街などとの相対契約を主体として推進していくとのこと。第一号の利用者としては、慶應義塾大学SFC研究所が決定している。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top