キヤノン、インクジェットプリンター「PIXUS」に新モデル8機種 | RBB TODAY

キヤノン、インクジェットプリンター「PIXUS」に新モデル8機種

IT・デジタル ノートPC

PIXUS MP990
  • PIXUS MP990
  • PIXUS MP640
  • PIXUS MP560
  • PIXUS MP550
  • PIXUS MP490
  • PIXUS MP270
  • PIXUS iP4700
  • PIXUS iX7000
 キヤノンは8日、同社のインクジェットプリンター「PIXUS」シリーズの新モデル8機種を発表。9月中旬から発売を開始する。価格はオープンで、直販価格は9,980円〜。

 最上位モデルの「MP990」は、3.8V型TFT液晶を搭載。「イージースクロールホイール」機能に対応し、簡単に操作が可能となった。また、4,800dpiのフィルムスキャン対応高精細CCDスキャナーを搭載。また、アップルストアから10月に無償で提供される「イージーフォトプリント for iPhone」を入れることで、「iPhone/iPod touch」から無線で簡単に画像のプリントが可能となる。本体サイズは幅470×高さ199×奥行き385mm、重さ約10.7kg。予定直販価格は39,980円。

 もう一つの上位機種「MP640」は、3V型TFT液晶を採用。L判フチなし写真1枚で約17.1円、A4カラー文書は1枚約8.7円と低ランニングコストをうたう。スキャナーは、4,800dpi/CISを装備した。本体サイズは幅450×高さ176×奥行き368mm、重さ約8.8kg。予定直販価格は29,980円。

 両機種共通のおもな仕様は、プリンター/コピー/スキャナーを装備。最大解像度9,600×2,400dpi、有線LAN(10BASE-T/100BASE-TX)/無線LAN(IEEE802.11b/g/n)、「BD/DVD/CDレーベルプリント」機能を備えている。

 中位モデルは2機種。「MP560」、「MP550」はプリンター/コピー/スキャナーに対応し、2V型TFT液晶を搭載。最大解像度は9,600×2,400dpi、スキャナーは2,400dpi/CISとなる。MP560はインターフェースに無線LAN(IEEE802.11b/g)を搭載。MP550はUSB2.0を備える。両機種とも、本体サイズは幅453×高さ160×奥行き368mm、重さは約8.1kg。予定直販価格は、MP560が21,980円、MP550が19,980円。

 「MP490」、「MP270」はPIXUSのベーシック/エントリーモデルになる。ともにプリンター/コピー/スキャナーを搭載し、最大解像度4,800×1,200dpi、スキャナーは1,200dpi/CISを採用する。インターフェースはUSB2.0を装備した。また、MP490は1.8V型TFT液晶を搭載する。本体サイズは両機種とも幅450×高さ155×奥行き335mm。重さはMP490が約5.5kg、MP270が約5.6kg。予定直販価格はMP490が11,980円、MP270が9,980円。

 インクジェットプリンターのハイパフォーマンスモデル「iP4700」は、コンパクトで高級感のあるデザインが特長。最大解像度9,600×2,400dpiで、A4〜A5/レター/ハガキなどに対応。BD/DVD/CDレーベルプリント機能も備えている。MP640と同様に、L判写真1枚約17.1円、A4文書1枚約8.7円のコストパフォーマンス、約17秒の高速プリントをうたっている。本体サイズは幅431×高さ153×奥行き296mm、重さは約5.7kg。予定直販価格は16,980円。

 「iX7000」はA3ノビ対応のビジネスハイパフォーマンスモデルのプリンター。普通紙A3サイズまで対応の自動両面プリント機能を備える。最大解像度4,800×1,200dpiで、インターフェースに有線LAN(10BASE-T/100BASE-TX)を搭載した。L判フチなし写真1枚では約15.9円、A4文書1枚で約7.1円のコストパフォーマンスを実現した。本体サイズは幅647×高さ260×奥行き519mm、重さは約19.8kg。予定直販価格は39,980円。
《》

関連ニュース

特集

page top