セールスフォース、Salesforce CRMの新エディション「Contact Manager Edition」を発表 | RBB TODAY

セールスフォース、Salesforce CRMの新エディション「Contact Manager Edition」を発表

エンタープライズ モバイルBIZ

 米Salesforce.com(セールスフォース・ドットコム)は現地時間2日、Salesforce CRMの新エディション「Contact Manager Edition」を発表した。

 「Contact Manager Edition」は、クラウド環境において顧客の連絡先やコンタクト履歴を管理するためのツール。小規模事業者や個人ユーザーといった顧客層を対象にしたもので、1ユーザー月額1,050円(税込)で提供される。「Contact Manager Edition」ではすべての顧客の連絡先やコンタクト履歴をクラウド環境に格納し管理できるため、インターネットにさえ接続できれば、ユーザーはどこからでも重要な情報へアクセスできる。また電子メールのやり取りを、Microsoft OutlookやGmail、Yahoo、その他の電子メール・システムで簡単にトラッキングできるため、顧客とのやり取りを完全に記録することが可能。さrない設定済みのレポートやカスタマイズされたレポートを実行して、取引先、取引先責任者および関連する活動を把握できる。

 また「Contact Manager Edition」はGoogle Appsとネイティブに統合されているので、導入企業はオフィスアプリケーション(電子メール、予定表、ドキュメント、スプレッドシート、プレゼンテーション、チャット、動画)とCRMをシームレスに連携して利用できる。「Contact Manager Edition」は、1〜2ユーザー向けのエディションで、1ユーザーあたり月額1,050円(税込)。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top