日本HP×オラクル、「次世代情報システム基盤ソリューション・センター」を設立 | RBB TODAY

日本HP×オラクル、「次世代情報システム基盤ソリューション・センター」を設立

エンタープライズ その他

実機体感センターのイメージ
  • 実機体感センターのイメージ
  • 体感可能な製品(HP Integrity Superdome)
 日本ヒューレット・パッカード(日本HP)と日本オラクルは24日、東京都千代田区市ヶ谷の日本HP本社内に「HP Oracle次世代情報システム基盤ソリューション・センター」を設立することを発表した。

 「HP Oracle次世代情報システム基盤ソリューション・センター」は、両社のオープン技術を基盤として、仮想化やその他の技術を駆使し、次世代データセンターに求められる技術を実証・体験してもらう施設となる。次世代データセンター構築のサポートも行う。

 HPでは、全世界に展開していた85の自社データセンターを3つに統合した経験をもっており、その基盤の一部としてオラクルの技術を活用している。同センターでは、日本HPが提供するオープン・プラットフォーム環境で長期にわたり培ってきたシステムの仮想化、自動化、自律化のソリューション活用を前提に、「OracleDatabase 11g」のデータ管理、運用管理「Oracle Enterprise Manager」の技術などを組み合わせて、企業構内で構築する基幹情報システムの基盤の技術実証をデモンストレーションを通して行う。

 このセンターは、デモンストレーション専用施設として2009年5月、HP東京・市ヶ谷に開設された「HP実機体感センター」内に開設され、同センターに設置された「HP Integrity Superdome」および 「HP Integrityブレードサーバ」を含む、100台以上の物理サーバ環境の一部を組み合わせて構築される。「Oracle Database 11g」仮想化環境を構築し、各デモンストレーションシナリオに合わせて提供する。実証デモンストレーションとしては、止めずに済むサービス基盤、ビジネスの変化に瞬時に適応するコンピューティング環境、仮想化・自動化時代のシステム管理などを行う。

 日本HPと日本オラクルの両社は「HP Oracle次世代情報システム基盤ソリューション・センター」での実証を介して、大量のトランザクションやデータ量を擁し、止まることが許されない基幹システムを保有する企業に向けた提案活動を協業して行うとのこと。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top