富士通、ノートPCの紛失・盗難対策ソリューション「CLEARSURE」対応PCを発表 | RBB TODAY

富士通、ノートPCの紛失・盗難対策ソリューション「CLEARSURE」対応PCを発表

エンタープライズ ハードウェア

「CLEARSURE」対応PC(FMV-S8390)
  • 「CLEARSURE」対応PC(FMV-S8390)
  • 「CLEARSURE」の運用フロー
 富士通は24日、ノートPCの紛失・盗難対策として、遠隔操作でPCに搭載してあるハードディスクドライブのデータを消去する「CLEARSURE(クリアシュア)」に対応した高性能モバイルPC FMV-LIFEBOOK「FMV-S8390」を発表した。法人を対象に9月上旬より販売を開始する。

 「CLEARSURE」では、製品に内蔵された専用の通信モジュールにより、ウィルコムのPHSネットワークを利用した遠隔操作で本製品のHDD内にあるデータをすべて消去可能。PCが通信圏内にある場合は、電源がオフの状態でもデータ消去が可能なため、PCの状態に関係なく指示を実行できるなど高度なセキュリティ機能を実現した。PCの電源オンオフに関係なく常時待ち受け状態を維持する専用の通信モジュールを搭載することにより、世界で初めてPCが電源オフの状態でもHDD内のデータ消去を可能としたという。「CLEARSURE」の機能は1年間利用可能で、1年以上利用する場合は、購入時にカスタムメイドオプションにて3年、4年、5年を選択する(最長で5年間利用可能)。さらにPCの資産管理・情報漏洩対策ソフトウェア「Systemwalker Desktop Patrol」で、「CLEARSURE」に対応したPCの「データ消去」や「PCロック」の指示と効率的な管理を行うことが可能(2009年10月に提供予定)。

 「FMV- S8390」は、専用の通信モジュールと暗号化機能付HDDを標準搭載しており、富士通が用意する管理サーバにインターネット経由で指示を送ることで、PHSネットワークを利用してHDD内のデータを瞬時に消去できる。PCへの指示は、HDD内のデータを消去する「データ消去」とPCを起動させない「PCロック」機能があり、状況に応じた使い分けもできる。機能面では、13.3型ワイド液晶、メモリ1GB(DDR3 SDRAM)、160GBの暗号化HDD、マルチベイを搭載。価格はインテルCore2DuoプロセッサーP8700(2.53GHz)版が24万9,000円、インテルCeleronプロセッサー900(2.20GHz)版が21万6,000円。CLEARSURE利用機関の延長が、CLEARSURE利用期間変更1年から3年が1万7,000円、CLEARSURE利用期間変更1年から4年が2万1,000円、CLEARSURE利用期間変更1年から5年が2万5,000円。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top