【インタビュー】初心者でも楽しめる!女性も半数近く登録のMMORPG『パーフェクトワールド』 | RBB TODAY

【インタビュー】初心者でも楽しめる!女性も半数近く登録のMMORPG『パーフェクトワールド』

ブロードバンド その他

シーアンドシーメディア オンライン事業本部マーケティング部チーフ 谷奥洋平氏
  • シーアンドシーメディア オンライン事業本部マーケティング部チーフ 谷奥洋平氏
  • コミュニケーション部分も充実。“お姫様だっこ”したり、“キス”ができるだけでなく、ゲーム内で「結婚」することも可能だ
  • コミュニケーション部分も充実。“お姫様だっこ”したり、“キス”ができるだけでなく、ゲーム内で「結婚」することも可能だ
  • コミュニケーション部分も充実。“お姫様だっこ”したり、“キス”ができるだけでなく、ゲーム内で「結婚」することも可能だ
  • 人によっては3時間くらいかけてしまうこともあるほど、キャラクターを細かく作り込むことができる
  • 人によっては3時間くらいかけてしまうこともあるほど、キャラクターを細かく作り込むことができる
  • 人によっては3時間くらいかけてしまうこともあるほど、キャラクターを細かく作り込むことができる
  • 人によっては3時間くらいかけてしまうこともあるほど、キャラクターを細かく作り込むことができる
 シーアンドシーメディアのオンラインゲーム『パーフェクトワールド』は2009年4月でサービス2周年を迎えた。以前、RBB TODAYでも取り上げたことのあるこのゲーム。神秘的な新世界を舞台にしたファンタジーゲームで、奇麗なグラフィックスも特徴だ。ここでは1年前後で終了するオンラインゲームも多い中、サービスが続く人気の秘密をシーアンドシーメディアのオンライン事業本部マーケティング部チーフの谷奥洋平氏に伺った。

■沢山の人々とふれあえる世界

「沢山の人々が一つの世界で冒険しています。家庭用ゲームとは違い、他のユーザーさんたちとふれ合えるのも魅力です」(谷奥氏)。

『パーフェクトワールド』は多人数接続型のロールプレイングゲーム(MMORPG)で、敵を倒してレベルを上げ、更なる冒険に挑む……という大筋はゲーム機のRPGと同じものだが、ゲームの中には他のプレイヤーたちがいて、会話を楽しんだり、一緒に冒険に行くことができる。プレイヤー層も様々で、女性が43.67%と半数近くを占めるのも特徴のひとつ。職業も会社員が37.9%、大学生が10.4%、専業主婦が7.75%とバラエティに富んでいる。

「お昼の時間帯に主婦の方が井戸端会議をしておられることもありますし、夜になればOLや社会人まで幅広い方がおられます。一人でゲームを始めたとしても、友達を作れるような作りになっています。半分以上の方が一人で始められて、ゲーム内で友達を作っていますね」(谷奥氏)

 コミュニケーション部分も充実しており、「HUG」機能を使えば男性キャラクターが女性キャラクターを“お姫様だっこ”したり、“キス”ができる。また、一緒に冒険することで「結婚」することも可能だ。実際にゲームの中で出会い、付き合い始めたり、結婚に漕ぎつけたりといったカップルもいるのだという。

 また、オンラインゲームといえば月極の使用料が必要なものもあるが、『パーフェクトワールド』は無料で楽しむことができる。「会員登録とダウンロードを含めて数十分程度で遊んで頂くことができます。会員登録にお金が必要なのではないか?との誤解も多いんですが、無料なんです」と谷奥氏は話す。スタートするにはゲームポータル(沢山のゲームが集められたサイト)「MK-STYLE」への会員登録が必要だが、これも無料。ゲームをダウンロードするのも無料だ。事前に用意しておくものは、ゲームを遊ぶパソコンと、会員登録用のメールアドレスだけでいい。メールアドレスはHotmailなどの無料のものも利用可能だ。

■60億通り以上の顔を作れるキャラクターメイキング

 『パーフェクトワールド』では、キャラクターの作成にもかなりこだわることができる。人によってはキャラクター作成だけで3時間くらいかけてしまうこともあるようだ。輪郭から目や鼻、口、眉毛といった細かなパーツまで調整することができ、美男美女だけでなく個性的な顔立ちも実現可能で、自慢のキャラクターを見せ合うコンテストも開催されている。デジカメで撮影した写真をゲームに取り込み、それを「お手本」としてキャラクターを作成することもできる。その組み合わせは60億以上と地球の全人口並み。自分の顔に似せるもよし、理想の顔を作り出すもよし、一目見れば忘れられない顔を目指すもよし……と外見にも大いにこだわることができる。キャラクター作成を主に楽しむ“キャラクターメイキング職人”といわれる人がいるくらいに奥が深い。最大24体(1ワールド8体)までのキャラクターを作成できるのに加え、作成直後48時間までは自由に変更できるので、初めての人でも安心。それを越えて顔を変更するには有料アイテムが必要だ。有料アイテムは、現実のお金をポイントに変換して購入する。登録したからといって継続的にお金が引き落とされる訳ではなく、ユーザー自身でポイントに変換しない限り、支払いは発生しない。「主婦の方はプリペイドカードを決められた金額分だけ買って、その範囲内で楽しまれるというケースも多いです」

 ポイントを使えば戦いに役立つアイテムだけでなく、お洒落な衣装も購入できる。今のイチオシはゴージャス&フォーマルなドレスやジャケットの「ブライダルシリーズ」。また、夏らしい浴衣やビキニも期間限定で販売されている。女性陣には綺麗なイメージの服、男性陣にはカッコイイ系の衣装が売れているのだという。衣装にはカラーバリエーションが豊富に用意されているため、現実さながらのコーディネイトが楽しめる。防御力などには影響を与えないため、ウエディングドレスやスーツ姿で剣を振るう、なんてことも可能だ。

■飛行・変身・合戦・職人……『パーフェクトワールド』の多彩な楽しさ

 『パーフェクトワールド』の楽しさはお洒落ばかりではない。空を飛んだり、変身したりという一風変わったアクションも魅力的だ。あらゆる種族が空を飛べ、飛行しながらモンスターと戦うこともできる。また、「妖獣」は野獣に、「妖精」は美しい狐に変身することができる。変身すれば、肉弾戦での能力がアップするため、戦闘が有利になる。変身した「妖獣」が「妖精」を抱っこすると、“虎の背中に狐が乗っている”というビジュアルになるという。

 モンスターと戦うだけではなく、プレイヤーと決闘することも可能だ。1対1の戦いだけではなく、戦国時代さながらの合戦も楽しめるのだ。「ギルド」(仲間同士の集まり)が領地を奪い合う「領土戦」では多数のプレイヤーが自分の「ギルド」を勝利に導くために激突。戦いに勝って版図を広げることで、ゆくゆくは世界統一も狙うことができる。「ギルド」はある程度ゲームを進めれば誰にでも作ることができるため、裸一貫からスタートして一国一城の主を狙うことも可能だ。

「毎週末の金・土・日は「領土戦」で、これは開始直後から好評を頂いてます。プレイヤー同士の戦いはサッパリしたもので、戦闘終了すればノーサイドです。ラグビーと同じですね。世界を統一した「ギルド」は未だに存在しません。版図が広くなれば、それだけ戦いを挑まれる危険性も高くなりますから」

 なお、戦わない道も選べる。武器やアイテムを作り出す「生産」で職人のような暮らしを営むのだ。作り出した武器や鎧には自分の名前が刻まれる。これを他のプレイヤーに売ることもできる。他のプレイヤーが、自分が作り出した装備で冒険してくれるというのは職人冥利に尽きるものだろう。

■有利にスタートを切れるキャンペーンと新たな「ワールド」

 『パーフェクトワールド』では8月31日までゲーム内のお金「10万Coin」がもれなく手に入るキャンペーンが行われている。ゲームに登録し、「livedoor Blog」を開設。ブログのカテゴリを「ゲーム / パーフェクトワールド」に設定すれば「10万Coin」が手に入るほか、抽選で50名様に「livedoor Blog PROプラン(262円/月)1ヶ月間」が贈られる。「10万Coin」は当座の資金としては充分な金額であり、通常よりも有利にスタートできることは間違いない。詳しくは公式サイトを参照して頂きたい。

 また、9月中旬には新たな「ワールド」が開設されるという。「ワールド」とは文字通りに世界のこと。「ワールド」間の移動はできないため、既に『パーフェクトワールド』を遊んでいる友達がいれば同じ「ワールド」でスタートする必要がある。新たな「ワールド」では全員一斉にゼロからのスタートとなる。スタートダッシュをかければ「ワールド」の中でトップクラスのプレイヤーになるのも夢ではない。新たな「ワールド」がオープンするまでには間があるため、まずは既存の「ワールド」でゲームを始め、コツを掴んだ上で新たな「ワールド」にキャラクターを作成するのも一つの手だろう。

 『パーフェクトワールド』には最終ボスもいなければ「クリア」もない。月に一度コンテンツが追加されるので、こだわって作成したキャラクターを使ってずっと遊び続けることができるのだ。しかも料金は基本無料。「PCがあるけどあまり使っていない」「何か新しいゲームを探している」……そんな人は『パーフェクトワールド』の世界を冒険してみるのも面白いのではないだろうか。
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top