睡眠が「とれている」人は約半数〜朝型の人ほど目覚めはスッキリ | RBB TODAY

睡眠が「とれている」人は約半数〜朝型の人ほど目覚めはスッキリ

エンタメ その他

起床に関する意識調査
  • 起床に関する意識調査
 世の中には朝に苦もなく起きられる人がいるものだが、朝型・夜型といったライフスタイルや睡眠の取れ度合によって、寝起きの方法や満足度に違いはあるのだろうか。アイシェアが意識調査を実施。20代から40代のネットユーザー551名の回答を集計した。

 回答者の属性は「朝型」が31.6%、「夜型」が68.4%。十分に睡眠をとれているかとの問いには、「十分にとれている」が12.3%、「どちらかというととれている」が35.4%で、合わせると睡眠が『とれている』人は47.7%だった。寝不足を嘆く人は多いが、意外と睡眠は十分にとっているようだ。属性別では睡眠が『取れている』とした人は「夜型」のうち41.1%であるのに対し、「朝型」では62.1%と20ポイント以上も高く、特に睡眠を「十分に取れている」人の割合が「朝型」で高いのが目立つ。また、「朝型」では寝起きが『いい』とする人が79.3%に上り、「夜型(37.9%)」を大きく引き離した。

 また、起床のときに使う機器では「目覚まし時計」が38.8%でトップ、「オーディオ機器・携帯などの目覚まし機能」が29.4%で続く。一方、「時間になったら自然に目が覚める」も22.9%と意外に多く、特に睡眠を「十分に取れている」人では36.8%と際立って高かった。健康志向が叫ばれる中、睡眠を十分にとり、朝はすっきり目覚める「朝型」ライフに注目が集まりそうだ。
《関口賢》

関連ニュース

特集

page top