ビクター、32GBフラッシュメモリ内蔵のフルHD対応デジタルビデオカメラ | RBB TODAY

ビクター、32GBフラッシュメモリ内蔵のフルHD対応デジタルビデオカメラ

IT・デジタル デジカメ

GZ-HM400-B(ブラック)
  • GZ-HM400-B(ブラック)
  • GZ-HM400-S(チタンシルバー)
 日本ビクターは30日、フラッシュメモリ内蔵型のデジタルビデオカメラ「GZ-HM400」を発表。8月上旬より発売する。価格はオープンで、予想実売価格は110,000円前後。カラーはブラック/チタンシルバー。

 同製品は、同社のデジタルビデオカメラ「Everio(エブリオ)」シリーズの新モデル。撮像素子に1/2.33 型総画素1,029万画素CMOS センサーを採用し、高精細な描写が可能。レンズには新開発の高解像度コニカミノルタHDレンズを搭載。また、業務用カメラのユニットを搭載した独自の光学式手ブレ補正システムにより、ズーム全域での手ブレを軽減するという。

 独自の高画質エンジン「HDギガブリッドPremiumII」採用により、ハイビジョン規格で最大本数となる水平解像度1,080TV本の11920フルHD記録を実現。AVCHD規格上限となる24Mbpsの高ビットレート記録も可能となっている。さらに最速600fpsのハイスピード撮影を実現し、一瞬の動きをスーパースローで再現可能。肉眼では確認できなかった決定的瞬間を収めることが可能となった。

 静止画は900万画素(3,456×2,592ピクセル)撮影が可能で、0.067秒(1/15秒)間隔で、最大6コマの高速連写機能も搭載。また、フルHD撮影時においても動画/静止画の切り替えを行うことなく530万画素の静止画を、録画映像が途切れることなく撮影できる。さらに、業界最大クラス16人対応の顔検出機能を備えている。

 そのほか、YouTube動画投稿用の「ワンタッチアップロード」機能、ワンタッチでiTunesに撮影データを転送する機能などを搭載。YouTube投稿の際には、デコレーションを追加可能な「デコモーション」機能も設けた。

 フル充電で最大約2時間25分の連続撮影が可能。内蔵フラッシュメモリは32GB。外部対応メディアはSD/SDHCカードで、32GBのSDHCを併用した場合、最長で合計約29時間24分のフルHD記録が可能(各EPモード)。動画保存形式はMPEG-4 AVC/H.264、静止画保存形式はJPEG。光学ズームは10倍。F値はF 2.8〜4.5。液晶ディスプレイは2.8型(アスペクト比は16:9)。インターフェースはUSB /HDMI/コンポーネント/3.5mmステレオミニ/マイク/ヘッドホンなど。本体サイズは幅67×高さ72×奥行き135mm、重さは約485g(バッテリ含む)。ACアダプタ/バッテリパック/専用D端子ケーブル/AVコード/ワイヤレスリモコン/シューアダプタ/専用USBケーブルなどが付属。
《小口》

関連ニュース

特集

page top