三菱、簡単操作の新リモコンを採用したBlu-rayディスクレコーダー | RBB TODAY

三菱、簡単操作の新リモコンを採用したBlu-rayディスクレコーダー

IT・デジタル レコーダー

DVR-BZ130
  • DVR-BZ130
  • 簡単操作のリモコン
 三菱電機は21日、Blu-rayディスクレコーダー「REALブルーレイ」シリーズの新製品「DVR-BZ130」を発表。8月1日より発売する。価格はオープンで、予想実売価格は120,000円前後。

 同製品は、320GBのHDDを搭載したBlu-rayディスクレコーダー。AE(5.5倍)モードの場合、HDDに約160時間の録画が可能となっている。新リモコンを採用し、特に使用頻度の高い予約録画や再生操作のボタンを大きく配置し、手順を簡略化。これにより、2ステップで予約録画が完了するという。

 「REALINK」機能により、同社の液晶TV「REAL」と連動。視聴中の番組を「一発録画」ボタンを押すだけですぐに録画可能な「一発録画」機能など、TVのリモコンからも各種操作が行える。そのほか、予約録画した番組の番組部分、またはCM部分のみを自動再生可能な「オートカットi」、スポーツや音楽番組のハイライトを自動再生する「見どころ再生」、見たいシーンを画像で検索可能な「シーン検索」、好みや傾向に合わせて番組を自動的に録画する「おすすめ自動録画」機能などを装備。

 地上デジタルチューナー/BS・110度CSデジタルチューナーを2基ずつ搭載することにより、2つのデジタル放送番組を同時録画できる。24p出力に対応し、TVとHDMI接続を行えば、市販のBlu-rayソフトに収録された毎秒24コマの映像を忠実に再現可能。

 インターフェースはSDカードスロット/USBポート/HDMI/D4/デジタル音声出力など。消費電力は約32W。本体サイズは幅430×高さ58×奥行き314mm。重さは約4.4kg。
《小口》

関連ニュース

特集

page top