富士通とサン、「SPARC Enterprise」の仮想化機能を強化 〜 4モデルに1.6GHzの新プロセッサを搭載 | RBB TODAY

富士通とサン、「SPARC Enterprise」の仮想化機能を強化 〜 4モデルに1.6GHzの新プロセッサを搭載

エンタープライズ ハードウェア

仕様一覧
  • 仕様一覧
  • SPARC Enterprise T5440
 富士通と米国サン・マイクロシステムズ社は21日、「UltraSPARC T2」および「UltraSPARC T2 Plus」プロセッサを搭載する「SPARC Enterprise」4モデルの性能を強化し、販売を開始した。

 性能が強化されたのは「SPARC Enterprise T5120」「SPARC Enterprise T5220」「SPARC Enterprise T5240」「SPARC Enterprise T5440」の4モデル。1.6GHzの「UltraSPARC T2」および「UltraSPARC T2 Plus」の新プロセッサを搭載し性能が向上された。「SPARC Enterprise T5440」では、クライアント・サーバ環境におけるJavaアプリケーション性能を測定するベンチマーク指標であるSPECjAppServer2004ベンチマークにおいて、従来機種に比べ約20%の性能を向上したとのこと。

 さらに「SPARC Enterprise T5140」を加えた5モデルにおいて、仮想化環境を実現するロジカル・ドメイン(LDoms)の機能を強化。簡易設定ツールを使い、容易かつ迅速に仮想環境の設定を行うことができるようになったほか、未使用のCPUコアの電源の自動切断、サーバのドメイン内の業務を動的に別サーバのドメインへ移動、などが可能となった。これによりデータセンターなどで必要とされる柔軟な仮想化環境の運用管理を実現したという。今後富士通とサンは、それぞれのブランドで「SPARC Enterprise T5120」「SPARC Enterprise T5220」「SPARC Enterprise T5240」「SPARC Enterprise T5440」を全世界で販売する。なお両ブランドの機能は同一となる。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top