NEC、ネットブックにPCリモート機能を搭載したLaVie Light Luiモデル! | RBB TODAY

NEC、ネットブックにPCリモート機能を搭載したLaVie Light Luiモデル!

IT・デジタル ノートPC

LaVie Light Luiモデル(型番:BR330/TA)
  • LaVie Light Luiモデル(型番:BR330/TA)
  • LaVie Light Luiモデル(型番:BR330/TA)
  • 「LU-AC-RB003」
  • 「LU-AC-RB004」
 日本電気(NEC)は1日、ネットブック「LaVie Light(ラヴィ ライト)」シリーズにLuiのPCリモーター機能を搭載したLaVie Light Luiモデル(型番:BR330/TA)を発表した。価格はオープン(予想実売価格は68,000円前後)。7月9日に発売する。

 Luiはホームサーバ・クライアントソリューションで、「ホームサーバPC」とホームサーバPCを遠隔利用するための小型軽量な専用端末「PCリモーター」から構成される。PCリモーターとしては、同社では1月に「LU-RN7002C」(ノートPCタイプ)と「LU-RP5002C」(ポケットタイプ)を発売している。今回の対応機種「BR330/TA」は、リーズナブルな価格でインターネットやメールなどの簡単な作業ができるネットブックの魅力とPCリモーターが持つPCオンデマンドの魅力を合わせた製品。PC持ち出し時のデータシンクロやメールなどのローカル機能が欲しいといった要望に応えた製品だ。Windows XPを搭載し、単体での利用も可能。

 PCリモーター機能を使うためには対応のサーバPCVALUESTAR R Luiモデルが必要だが、今回はPCリモーターサーバーボード「LU-AC-RB003」(標準サイズ)と「LU-AC-RB004」(ロープロファイル)を用意。自身のPCにボードを拡張することで、対応端末との間でリモーター機能を使うことができる。

 外出先でデスクトップの環境を利用可能であるというだけではなく、PCリモーターソフトを使うことでサーバPCのリモートパワーオンが可能になり常時起動しておく必要がないうえ、同社独自のVPN技術「セーフコネクト」でサーバPCとの通信を暗号化するとしている。また、ネットブックでは縦解像度が低いのでホームページの閲覧などでスクロールの機会が多くなるが、Luiモデルの場合にはサーバの画面を圧縮表示するのでスクロールも少なくなるなどのメリットがある。動画再生などネットブックでは重い作業は、サーバPCで再生するなどの利用も可能だ(動画参照)。なお、Lバッテリーを標準搭載しており、約8.5時間の長時間駆動を実現しているのも特徴だ。
 
 主なスペックは下記の通り。

本体色:アーバンメタルシルバー
OS:Windows XP Home Edition Service Pack3 正規版(日本語版)
CPU:インテル Atomプロセッサー N280(1.66GHz)
チップセット:モバイルインテル 945GSE Express
メモリ:1GB(DDR2 SDRAM/SO-DIMM 1GB×1)
ディスプレイ:10.1型ワイド
HDD:約160GB(Serial ATA、5,400回転)
LAN:100BASE-TX/10BASE-T
ワイヤレスLAN:IEEE802.11n Draft2.0、IEEE802.11b/g準拠
Bluetooth:Bluetooth Ver.2.1+EDR
WEBカメラ:有効画素椅数131万画素
バッテリ駆動時間:約8.5時間(Lバッテリ)標準搭載
重量:1.32kg
PCオンデマンド機能:PCリモートソフト
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top