BIGLOBE、2010年度末までにIPv6対応を完了へ 〜 すべての「サービス」をデュアルスタック化 | RBB TODAY

BIGLOBE、2010年度末までにIPv6対応を完了へ 〜 すべての「サービス」をデュアルスタック化

ブロードバンド テクノロジー

BIGLOBEのIPv6関連 活動実績
  • BIGLOBEのIPv6関連 活動実績
 NECビッグローブ(BIGLOBE)は10日、メールや各種ポータルサイトなどBIGLOBEが提供するすべての「サービス」について、IPv6対応を開始し2010年度末までの対応完了を目指す方針を発表した。本展開の第一弾として、メールと個人向けホームページサービスを本年10月までにIPv6対応する。

 BIGLOBEでは、IPv4やIPv6といった環境の違いを意識することなく利用するための「デュアルスタック化」(IPv4とIPv6を同時に利用する技術)を展開しIPv6対応を進める。「ネットワーク」領域における各種機器のデュアルスタック化を本年6月末までに完了し、メールや各種ポータルサイト、EC、ブログといったすべての「サービス」領域における各種サーバについてもデュアルスタック化を開始する。BIGLOBEでは、デュアルスタック化により異なるIPアドレス間でのシームレスな利用を可能にすることで、インターネットのさらなる利便性拡大を実現するとしている。

 メールと個人向けホームページのデュアルスタック化によるIPv6対応により、メールサービスにおいては、BIGLOBEユーザーに限らず、IPv4ユーザ、IPv6ユーザー双方とのメール送受信が可能になる。また、個人向けホームページにおいては、個人ホームページを作成すると、自動的にIPv4とIPv6両方の環境から閲覧が可能なサイトが構築できる。これにより「IPv4ユーザーが送信したメールを、IPv6ユーザーが受信できるようになる」とともに「IPv6ユーザーが、IPv4ユーザーの制作したホームページを閲覧できる」ようになる見込みだ。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top