ケイ・オプティコムとマカフィー、「Rumor技術」で最新情報を共有するセキュリティソリューションを提供開始 | RBB TODAY

ケイ・オプティコムとマカフィー、「Rumor技術」で最新情報を共有するセキュリティソリューションを提供開始

エンタープライズ その他

「クライアントセキュリティサービス」の概要
  • 「クライアントセキュリティサービス」の概要
  • 「迷惑メールチェックゲートウェイ」の概要
  • 「メールウイルスチェックゲートウェイ」の概要
 ケイ・オプティコムとマカフィーは12日、ケイ・オプティコムの法人向けインターネット接続サービスのユーザ向けに、「クライアントセキュリティサービス」の提供を開始した。

 「クライアントセキュリティサービス」は、マカフィーのセキュリティ技術を利用し、月額6,300円からの基本サービス料金で、企業のセキュリティリスク対策を支援するサービス。デスクトップファイアウォール、スパイウェア対策、ウイルス対策、バッファオーバーフロープロテクション機能、メモリスキャン機能、スクリプトスキャン機能、サイトアドバイザープラス機能で構成される。

 マカフィーのデータセンター内にあるウイルス管理サーバを利用するため、ユーザ側で管理専用サーバを設置する必要がない。また、社内のPC全体のパターンファイル更新状況などを管理者画面で一元的に把握でき、セキュリティ対策に関わる労力を大幅に削減できる。大きな特徴として、PC同士のやり取り(Peer To Peer)で、最新のバージョンアップデータをネットワーク内で共有するマカフィーの「Rumor技術」により、情報更新に係る負荷を大幅に削減するとともに、社内のセキュリティ環境をいつでも最新の状態に保つことが可能となっている。「迷惑メールチェックゲートウェイ」や「メールウイルスチェックゲートウェイ」と組み合わせて利用することも可能。

 利用料金は、月額料金が6300円(10クライアントごと)、初期工事費が3150円(1工事ごと)、端末数変更工事費が3150円(1工事、10クライアントごと)。「セット割引」として「クライアントセキュリティサービス」「迷惑メールチェックゲートウェイ」「メールウイルスチェックゲートウェイ」のうち、いずれか2つ以上を利用する場合、基本サービス料金がそれぞれ約20%割引となる。また5月12日〜7月31日の間に、「クライアントセキュリティサービス」に申し込んだユーザを対象に、「クライアントセキュリティサービスお試しキャンペーン」も実施。月額利用料金が最大3か月間無料、初期工事費が無料となる。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top