【新生活特集 2009 Vol.4】またも高級チェア購入者が!コダワリのオカムラ製品 | RBB TODAY

【新生活特集 2009 Vol.4】またも高級チェア購入者が!コダワリのオカムラ製品

IT・デジタル その他

バロン
  • バロン
  • 各部
  • 「LUMIX DMC-LX3」
  • 「LUMIX DMC-LX3」
  • 「BDZ-L95」
  • 「BDZ-L95」
それは、ちょっとした衝撃だった。
「そうですねぇ。10万円くらいですかね」
とRBB TODAYのデジタル家電情報コーナー「DigitalFreak(通称:デジフリ)」担当スタッフの満井は、さらりと言ってのけた。自分の家で使っているデスクチェアのことである。私が購入したメッシュチェアが5000円前後であったことを考えると、心の中で思わずのけぞってしまうくらいだが、同じくデジフリ担当スタッフの近藤は、「え、えぇぇぇぇぇえ!」と大袈裟な驚きの声をあげた。その後、満井=おぼっちゃま疑惑が新宿界隈、いや編集部で話題になったかどうかは知らないが、大金を支払ってまで購入したいというコワダリは人それぞれだと実感した瞬間だった。


ところで、そのデスクチェアというのが岡村製作所の「バロン」だ。イタリアの“GIUGIARO DESIGN”とのコラボレーションによって生まれたエルゴノミックメッシュチェアだそうだ。バリエーションは12色。快適なリクライニング性をウリにしている。フレーム・シートの素材やカラーを組み合わせることができる。満井が購入したのはネットであるとのことだが、購入前には実際にショップで座り心地を確認している。これは、前回紹介した増田氏のチェア購入にも共通している点だ。やはり、長く付き合っていかなければいけない商品ともなると、ネットで即購入というわけにもいかないようだ。価格を検索してみると、5,000〜の値がついているものもあったが、それらは展示品か中古品。新品は、やはり70,000円以上はする。


では机は?というと、こちらは無印良品で購入した「パイン材テーブル・折りたたみ式セット・ブナ材チェア折りたたみ式布座付」で8,500円(税込)。部屋で場所をとりたくないという理由で、小さめのものを選択したそうだ。学生など1R(ルーム)で一人暮らしをしている人のなかには部屋にデスクがないという人も少なくない。ノートパソコンの利用者が多いせいだろうか?筆者は21インチクライスのワイド液晶を使用したいため、広めのデスクを購入したが、これは使用しているマシン環境に大きく左右されそうだ。なお無印良品はファンが多いが、筆者は無印良品でベッドを購入している。このベッドの購入者も意外と多い。正確に言うと脚付きマットレスだ。床下12cm、20cmなど脚も購入可能となっている。

と、ここまでデスク&チェアを紹介してきたが、デジモノはどうだろうか?満井はカメラ好きで、もちろんキヤノンの5Dをもっている。が、持ち運びに便利なコンパクトデジタルカメラはパナソニックの「LUMIX DMC-LX3」を購入した。有効画素数は1010万画素、24-60mm(35mm判換算)の焦点距離、絞り値は開放でF2.0(広角端)。同社のモデルではお馴染みの「おまかせiA」ほか追っかけフォーカスを搭載する。また、ジョイスティックの操作で、画面エリアでAFポイントを移動し、フォーカスポイントを決定することができる。満井の購入決定ポイントは、F値が明るくなったこととネットのサンプル画像だったようだ。

テレビは未だにブラウン管だが、近日薄型テレビを購入予定。待ち切れずに、先にプルーレイ搭載HDDレコーダーを購入してしまった。ソニーの「BDZ-L95」で、実際に購入したショップはヤマダ電機。価格は約9万円だったそうだ。
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top