薄さ69mm! パナソニック、iPod・CDを楽しめるミニコンポ「D-dock」の新モデル | RBB TODAY

薄さ69mm! パナソニック、iPod・CDを楽しめるミニコンポ「D-dock」の新モデル

IT・デジタル その他

SC-HC4
  • SC-HC4
  • SC-HC3
  • CD側オープン時
  • iPod側オープン時
  • iPod対応表
 パナソニックは2日、iPodやCDの音楽を楽しめるミニコンポ「D-dock(ディー・ドック)」として、SDメモリーカードスロット搭載の「SC-HC4」と非搭載の「SC-HC3」を発表。4月18日から順次発売する。価格はオープンで、予想実売価格はSC-HC4が40,000円前後、SC-HC3が35,000円前後。

 両製品は、軽くて剛性が高く、高音域もクリアに再生できるという竹繊維振動板をコーン部に採用したスピーカーを搭載。さらに、ノイズの原因となる不要な振動を軽減する「振動キラー技術」や、8cmのパッシブラジエーターを片チャンネルあたり2つ搭載することで音質の向上をはかっている。

 最薄部が69mmのスリムでスタイリッシュなデザインを採用。電動で左右に開くアルミパネルのスライドドアは、iPodやCDの出し入れをするオープン時でも外側に出ない構造になる。カラーはSC-HC4がシルバー/ブラック/ピンクの3色、SC-HC3はシルバーのみ。なお、SC-HC4のシルバー/ブラックとSC-HC3は4月18日、SC-HC4のピンクは6月上旬に発売する。

 電動スライドドアの内側に格納したiPodの液晶画面は透過して視認可能。付属のリモコンで再生や選曲などの操作を行えるほか、充電にも対応する。また、SDメモリーカードスロットを搭載するSC-HC4は、CDからSDへの最大8倍速録音や、SDへのラジオ番組録音に対応。そのほかの機能として、圧縮録音時に失われた高域信号を再現する「リ・マスター」、入力音量に応じて低音域の強調音を最適化する「D.BASS」を備える。

 おもな仕様は以下の通り。

●SC-HC4/HC3
【アンプ部】
 実用最大出力:20W×2
【チューナー部】
 FMチューナーの受信周波数帯域:76〜90MHz(100kHzステップ)
 AMチューナーの受信周波数帯域:522〜1,629MHz(9kHzステップ)
【CDプレーヤー部】
 再生可能ディスク:CD/CD-R/CD-RW
【SD部】(HC4のみ)
 SDオーディオ再生:AAC/MP3/WMA
 SDオーディオ録音:AAC
【スピーカー部】
 1ウェイスピーカーシステム パッシブラジエーター型
・フルレンジ 径6.5cm×2 コーン型
・パッシブラジエーター 径8cm×4
【本体サイズ/重さ】
 幅500×高さ195×奥行き102.5mm/3kg
《近藤》

関連ニュース

特集

page top