フンコロガシで、エコ!? NECとBIGLOBE、家庭内省電力を支援する「みんなでカーボンダイエット」展開 | RBB TODAY

フンコロガシで、エコ!? NECとBIGLOBE、家庭内省電力を支援する「みんなでカーボンダイエット」展開

エンタープライズ その他

「みんなでカーボンダイエット」イメージ
  • 「みんなでカーボンダイエット」イメージ
  • エコポイントを活用する「Carbon ball(フンコロガシで、エコ)」
  • エコポイントを活用する「里山を作ろう」
 日本電気(NEC)ならびにNECビッグローブ(BIGLOBE)は1日、家庭における省電力対策を推進するCO2排出量見える化サービス「みんなでカーボンダイエット」のトライアルサービスを共同で開始した。NECグループ社員約100世帯が対象。

 「みんなでカーボンダイエット」は、BIGLOBEが開発したサービスで、設置が容易な専用ユニットで電気使用量を計測し、近距離無線を使ってサーバ上に使用データを自動的に送信し集計するというもの。これにより利用者は面倒な作業をすることなく、自身の省電力対策によるCO2削減効果がWeb上からひと目でわかるようになるとともに、他の参加者とゲームを通して競い合うことで、省エネ活動を楽しく継続することが可能になる。

 電気使用量のデータは、自動的にWeb上のサーバに蓄積され、1日ごとの電気使用量がエコポータル「みんなでカーボンダイエット」から見える他、時間帯別の使用量や参加世帯平均との比較など自宅の電気使用状況が詳細に把握できる。また前年同月の電気使用量と比較した削減分を、「みなしCO2削減量」としてエコポイントを付与する。トライアル後は、環境・まちづくりのコンサルティング会社エックス都市研究所監修によりモニター期間中のデータを分析し、参加世帯ごとに、「我が家のエネルギー診断書」としてレポートを提供するという。

 獲得したエコポイントは、参加世帯ごとに管理しランキング形式で表示される。さらに毎日の暮らしのなかで行う省エネ活動が強く実感できる2種類のゲームが用意されており、他の参加世帯と競い合ったり、協力しながらゲームをすすめることも可能。CO2削減達成率を競い合う「Carbon ball(フンコロガシで、エコ)」では、ニックネームを付けた“我が家のフンコロガシ”が、カーボンボールを転がした距離を競い合う他、エコポイントを活用する「里山を付くろう」では、獲得したポイントを、土・水・花・草などのアイテムと交換して、自分の理想とする里山を付くるとともに、参加者全員での街づくりを行っていく。

 NECとBIGLOBEおよびエックス都市研究所は、このトライアルの結果を受けて、環境モデル都市を初めとする環境意識の高い自治体、民間企業へのソリューションを検討し、今後3年間で売上高約20億円を目指す。
《冨岡晶》

関連ニュース

page top