日立など3社、ドアノブを“握る”だけの個人認証システムを共同開発 | RBB TODAY

日立など3社、ドアノブを“握る”だけの個人認証システムを共同開発

エンタープライズ その他
システムのイメージと動作フロー
  • システムのイメージと動作フロー
 日立製作所、NTTコミュニケーションズ、美和ロックの3社は2日、人体や物の表面に発生する電界を利用した通信技術「RedTacton(レッドタクトン)」を活用した入退室管理システムを共同開発したと発表した。

 「RedTacton」はNTTが開発した電波や光とは異なる電界通信を利用したヒューマンエリア・ネットワーク技術。人の体の一部が「RedTacton」送受信機に触れることで伝送路が形成され通信を開始し、離れることで終了する。この入退室管理システムでは、RedTactonカードキーを携帯した利用者が、アンテナ内蔵のドアノブを“握る”、また、アンテナ内蔵の廊下を“歩く”といった移動にともなう基本動作のなかでの意識しない“接触”を利用するもの。接触時に人の識別および認証処理を実行し、その認証結果に応じて電気錠の解錠などを行うことができる。このため、赤外線や無線を通信手段とするタグを用いた認証システムに比べて、認証エリアをきわめて限定的に設定でき、通信の秘匿性が高いという。

 建物内の主要動線上にアンテナを組み込んだ認証ポイントを配置することにより、利用者が当該エリアに入室するたびにICカードをリーダー部にかざすことなく、入退室管理から在室者管理、行動足跡管理まで幅広い用途の入退室一括管理が可能となる。また、オフィス入り口などに設置するフラッパーゲートや、監視カメラ、指静脈認証装置、防災設備(火災連動)、侵入検知センサーなどとの接続・連携により、ビル・施設全域をカバーする統合型セキュリティシステムとしての提供も可能とのこと。

 なお同システムは3日から東京ビッグサイトで開催される「Security Show 2009」の日立ブースにて展示される予定。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top