ケータイモラルの“今”が分かる「春野家ケータイ物語」 | RBB TODAY

ケータイモラルの“今”が分かる「春野家ケータイ物語」

 メディア教育開発センターは18日、NTTドコモと共同で制作した、情報モラル教育指導用教材「春野家ケータイ物語」の無料配布申込み受付を開始した。全国の教育機関などが対象となる。

ブロードバンド その他
「学習教材セット」の内容イメージ
  • 「学習教材セット」の内容イメージ
  • 「春野家ケータイ物語」DVD
  • 「学習教材セット」の内容詳細
  • 「春野家ケータイ物語」の1シーン。ルールやマナーを守る(電車内でケータイを使いながら大声で喋る若者)
  • 「春野家ケータイ物語」の1シーン。個人情報の保護(チェーンメールの怖さ)
 メディア教育開発センターは18日、NTTドコモと共同で制作した、情報モラル教育指導用教材「春野家ケータイ物語」の無料配布申込み受付を開始した。全国の教育機関などが対象となる。

 「春野家ケータイ物語」は、児童生徒に携帯電話との正しい付き合い方を楽しく学んでもらうための教材セット。情報モラル教育にすぐに活用できるように、映像教材(DVD)、指導展開例や板書計画をまとめた指導資料、児童生徒用のワークシートなどがセットになっている。DVD内容は全8話のショートドラマとなっており、視聴するだけでケータイの「光」と「影」が実感できる内容だ。

 「春野家」が遭遇するケータイをめぐるさまざまなトラブルを家族で話し合ったり、周りの人に相談することで解決をしていく様子を題材にしており、本教材を活用することで児童生徒にコミュニケーションの大切さを伝えることができるという。また、文部科学省が策定した「情報モラル指導モデルカリキュラム表」に対応しており、子どもの発達段階に応じて利用できる。配布申し込みは「キッズケータイ活用プロジェクト」サイトから可能。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top