ノベル、次世代データセンタ向け運用/仮想化管理製品群「PlateSpin」の国内提供を開始 | RBB TODAY

ノベル、次世代データセンタ向け運用/仮想化管理製品群「PlateSpin」の国内提供を開始

エンタープライズ その他

「PlateSpin Recon」による統合で効率が向上
  • 「PlateSpin Recon」による統合で効率が向上
  • 「PlateSpin Migrate」で仮想ホスト、物理サーバ、イメージアーカイブの相互可搬性が向上
  • 「PlateSpin Protect」でサーバ、クライアント、ストレージなどデータセンターの構成要素すべてを保護
 ノベルは6日、次世代データセンタ向け運用/仮想化管理製品群「PlateSpin Workload Management」の国内提供を開始した。

 PlateSpinは、米ノベルが昨年カナダPlateSpin社から買収したデータセンタ運用/仮想化管理製品群で、物理環境から仮想化環境へ移行とその最適化を支援する、次世代データセンター向けソリューション。ノベルの新ブランドとしてあらたに発売されるPlateSpinの各製品にはそれぞれ、旧製品からあらたに拡張された新機能が搭載されている。

 ワークロードのプロファイリング、分析、およびプランニングを行う「PlateSpin Recon」(旧PlateSpin PowerRecon)は、アセスメントの正確性、リソース利用データを他の監視ツールからインポートできる機能の向上、ハイパーバイザとOSサポートが拡張された。マルチプラットフォームワークロードのポータビリティとマイグレーションをカバーする「PlateSpin Migrate」(旧PlateSpin PowerConvert)、およびワークロードの保護と回復を実行する「PlateSpin Protect」(旧PlateSpin PowerConvert)には、ハイパーバイザとプラットフォームのより広範なサポート、セキュリティや自動化の改善、大幅な拡張性などが追加された。ノベルでは、LinuxとIT管理ソフトウェアを通じて、異機種プラットフォーム混在データセンターを運用する企業のニーズを満たすソリューションを提供することを事業戦略の柱の1つとしており、PlateSpinはこの戦略を推進する重要な製品群と位置付けられている。

 価格はいずれも市場参考価格で、PlateSpin Reconが測定回数単位ライセンス、10サーバ30日間測定+年間サポート(初年度必須)で約120,000円、PleaseSpin Migrateが、移行回数単位ライセンス、10回移行+年間サポート(初年度必須)で約390,000円、PlateSpin Protectがサーバ台数単位ライセンス、5サーバ(無制限回移行)+年間サポート(初年度必須)で約900,000円。PlateSpinはノベルのパートナー企業を通じて提供され、初年度販売目標は200本の見込み。
《荻野ケイ》

関連ニュース

特集

page top