パナソニック、薄さ約1インチで壁掛け・壁寄せ設置も可能なプラズマテレビ「新・ビエラ」Zシリーズ——ワイヤレスシアターやラックシアターも | RBB TODAY

パナソニック、薄さ約1インチで壁掛け・壁寄せ設置も可能なプラズマテレビ「新・ビエラ」Zシリーズ——ワイヤレスシアターやラックシアターも

IT・デジタル テレビ

Zシリーズ
  • Zシリーズ
  • SC-ZT1
  • HTX
 パナソニックは3日、地上・BS・110度CSの3波対応地上デジタルチューナー搭載のハイビジョンテレビ「新・ビエラ」の新ラインアップとして、壁掛けや壁寄せ設置が可能な「Z」シリーズを発表。4月20日に発売する。価格はオープンで、54V型「TH-P54Z1」が700,000円前後、50V型「TH-P50Z1」が600,000円前後、46型「TH-P46Z1」が550,000円前後。

 同製品は、2007年9月発売の「PZ750」シリーズと比べ発光効率が約2倍となる新開発「ネオ・プラズマパネル」の採用や、低背型電源回路、高密度実装技術により、高画質化・省電力化とあわせてフルフラット約1インチ(最厚部で24.7mm)という薄さを実現。別売のフルHDワイヤレスユニットと組み合わせて、スタイリッシュな壁掛けや壁寄せ設置ができる。

 フルHD映像の細部の動きもくっきり映し出す世界最高の動画解像度1,080本や世界最高のコントラスト40,000:1(最大200万:1)などを実現。プラズマパネル前面板と一体化させた新「クリアピクチャーパネル」を搭載し、外光の映り込みを抑える。動画色空間の国際規格の1つである「xvYCC」に準拠した「x.v.Color」に対応し、デジタルハイビジョン放送の色域を100%カバー。繊細な描写で“きめ細やかな色合い”や“光の温かみ”も表現するという「デジタルカラー・リアリティ技術」や、より鮮明でクリアなハイビジョン映像を実現する高画質ユニット「HDオプティマイザー」などを備える。

 また、デジタル放送の5.1chサラウンドを本体スピーカーだけで仮想的に再現可能な新開発「バーチャル3Dサラウンドシステム」や、スタンダード/スタジアム/ミュージック/シネマ/ニュースの5つのサウンドモードなどを装備。さらに、高画質化にあわせて省電力化も実現。2008年4月発売の「PZ800」シリーズなどに比べ、46V型の場合で年間消費電力量を約46%、50V型で約40%削減しているという。

 そのほか、ビデオ・オン・デマンド(VOD)の映像配信サービス「アクトビラ ビデオ・フル」やYouTubeの視聴が可能。SD/SDHCカードに記録されているデジタルカメラ写真やSDメモリーカードに記録したハイビジョン映像(AVCHD Lite)を簡単に大画面で再生できる。また、「ビエラにリンク」を進化させた自動節電機能を搭載。視聴状態に応じて使用していない接続機器の電源を自動でOFFにする「こまめにオフ」機能や、使用していない接続「ディーガ」の待機電力モードを自動で最小に切り換え節電する「ECOスタンバイ」機能などを備える。

 それぞれのスペック詳細は以下のとおり。

●Zシリーズ
○TH-P54Z1
画面サイズ:54V型
画素数:1,920×1,080ピクセル
コントラスト:40,000:1
インターフェース:HDMI×4/D4/ビデオ×3/ミニD-sub15ピン/光デジタル音声/モジュラー/LAN端子など
本体サイズ:幅130.2×高さ82×奥行き2.5cm(ディスプレイユニット)、幅43×高さ5.9×奥行き24.9cm(チューナーユニット)
重さ:約30.5kg(ディスプレイユニット)、約3kg(チューナーユニット)
付属品:スピーカー/ディスプレイ・チューナー接続用HDMIケーブル/リモコン/B-CASカード/クリーニングクロスなど

○TH-P50Z1
画面サイズ:50V型
画素数:1,920×1,080ピクセル
コントラスト:40,000:1
インターフェース:HDMI×4/D4/ビデオ×3/ミニD-sub15ピン/光デジタル音声/モジュラー/LAN端子など
本体サイズ:幅121×高さ76.2×奥行き2.5cm(ディスプレイユニット)、幅43×高さ5.9×奥行き24.9cm(チューナーユニット)
重さ:約27kg(ディスプレイユニット)、約3kg(チューナーユニット)
付属品:スピーカー/ディスプレイ・チューナー接続用HDMIケーブル/リモコン/B-CASカード/クリーニングクロスなど

○TH-P46Z1
画面サイズ:46V型
画素数:1,920×1,080ピクセル
コントラスト:40,000:1
インターフェース:HDMI×4/D4/ビデオ×3/ミニD-sub15ピン/光デジタル音声/モジュラー/LAN端子など
本体サイズ:幅112.3×高さ71.9×奥行き2.5cm(ディスプレイユニット)、幅43×高さ5.9×奥行き24.9cm(チューナーユニット)
重さ:約23.5kg(ディスプレイユニット)、約3kg(チューナーユニット)
付属品:スピーカー/ディスプレイ・チューナー接続用HDMIケーブル/リモコン/B-CASカード/クリーニングクロスなど

 そのほか、Zシリーズの壁掛け・壁寄せ設置に適したスリムでスタイリッシュなデザインのワイヤレスシアターシステム「SC-ZT1」を4月20日に発売する。ワイヤレスなのでコントロールボックスからスピーカーまでのケーブル接続が必要なく、ACコードをつなぐだけで使用可能。スピーカーは、ポール部に幅24mmのスリムタイプスピーカーユニットを縦方向に直列配置で4基搭載。スピーカーの上部から下部までを使って放出する線音源のサウンドは、上下左右方向に均一で音の減衰が少なく、視聴ポジションが変わっても変化の少ないサウンドを楽しめるという。また、音声の送信方式は電波干渉に強い独自の2.4GHz帯伝送方式を採用する。価格はオープンで、予想実売価格は148,000円前後。追加オプションの専用サラウンドスピーカー「SB-ZT1-S」の予想実売価格は100,000円前後。

 また、VIERAのZ・V・G・Xシリーズとのデザインの一体化を重視し、設置性の向上をはかったラックシアター「HTX」シリーズ2モデルも3月1日に発売する。VIERAの薄型デザインにあったラウンドフォルムデザインを採用。ビエラリンクに対応し、VIERAのリモコンで電源のON/OFFや音量調整、ラックシアターのサウンドモード(スタンダード/スタジアム/ミュージック/シネマ/ニュース)の切り換えなどの操作を簡単に行える。そのほか、ラックシアターを使用しないときに自動で電源OFFにする「こまめにオフ機能」の搭載や、Blu-rayビデオの高音質をそのまま楽しめるリニアPCM音声入力に対応する。価格はオープンで、画面サイズ50〜42V型対応「SC-HTX7-K」が128,000円前後、42〜37V型対応「SC-HTX5-K」が118,000円前後。
《近藤》

関連ニュース

特集

page top