ノキア・ジャパン、代表取締役社長にマウリ・ウコンマーンアホ氏が就任 | RBB TODAY

ノキア・ジャパン、代表取締役社長にマウリ・ウコンマーンアホ氏が就任

 ノキア・ジャパンは26日、代表取締役社長にマウリ・ウコンマーンアホ(Mauri Ukonmaanaho)氏が就任したことを発表した。

エンタープライズ モバイルBIZ
 ノキア・ジャパンは26日、代表取締役社長にマウリ・ウコンマーンアホ(Mauri Ukonmaanaho)氏が就任したことを発表した。

 マウリ・ウコンマーンアホ氏はフィンランド人で、ノキア・ジャパン社長就任は2008年12月31日付。ノキア・ジャパンの代表取締役社長と現職の東京R&Dセンターのディレクターを兼任するとのこと。同氏は1997年にノキア・ジャパンに入社し、WCDMAを含む第3世代携帯の開発にかかわってきた。2001年から2007年にはプロダクト・プログラム・マネージャー(PPM)を務め、Nokia 6600や、ノキア端末で初めて光学ズームとVGA 30 fps videoを搭載したNokia N93、5メガピクセルのカメラとキセノンフラッシュを搭載したイメージングデバイスであるNokia N82などの開発を指揮し、2008年より東京R&Dセンターを統括してきた。

 昨年、日本における携帯電話端末の販売および販売活動を打ち切ったが、日本には重要なR&Dやソーシング・オペレーションがあるため、新社長のマウリ・ウコンマーンアホ氏は、これらの活動のさらなる発展を目指すとしている。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top