オンキヨー、「SOTEC」ブランドのAtom搭載10.1V型ミニノートPCに2009年春モデル | RBB TODAY

オンキヨー、「SOTEC」ブランドのAtom搭載10.1V型ミニノートPCに2009年春モデル

 オンキヨーは21日、「SOTEC」ブランドの10.1V型ミニノートPC「SOTEC C1」シリーズの店頭販売専用2009年春モデルとして、「SOTEC C102」シリーズを発表。1月下旬より順次販売する。価格はオープン。

IT・デジタル ノートPC
プラチナシルバー
  • プラチナシルバー
  • リッチブラック
 オンキヨーは21日、「SOTEC」ブランドの10.1V型ミニノートPC「SOTEC C1」シリーズの店頭販売専用2009年春モデルとして、「SOTEC C102」シリーズを発表。1月下旬より順次販売する。価格はオープン。

 C1シリーズは、10.1V型液晶のディスプレイとAtom N270のCPUを搭載し、同社で「minimumPC」と銘打ったミニノートPC。2008年10月に発売されたが、今回のC102シリーズは、2009年春モデルとなる。

 筐体デザインに、携帯電話などで用いられるキズに強く光沢のある「インモールド成型」を採用したのは前モデルと同様だが、パームレスト部分にUVコーティングを施し、キズに強く、高級感のあるデザインに一新。本体カラーはプラチナシルバー/リッチブラックの2色を用意した。

 基本仕様は、HDD容量が120GBから160GBへと増加。ほかは前モデルと同様に、CPUはAtom N270(1.60GHz)、メモリは1GB(最大2GB)。IEEE802.11b/g準拠の無線LAN、130万画素webカメラを装備する。また、キーピッチ17.5mmの大型キーボードと、広くて使いやすいタッチパッドを搭載。B5ノートPCに近い操作感覚となっている。

 本体サイズは幅265×高さ31×奥行き185mm、重さは1.2kgの小型・軽量ボディ。OSはWindows XP Home Edition(SP3)。バッテリ駆動時間は2.1時間から2.5時間へと向上した。予想実売価格は54,800円で、統合ソフトOffice Personal 2007(SP1)が付属するモデルは74,800円。
《近藤》

関連ニュース

特集

page top