ナナオ、高解像度1,920×1,200ピクセル対応の22V型ワイド液晶ディスプレイなど2モデル | RBB TODAY

ナナオ、高解像度1,920×1,200ピクセル対応の22V型ワイド液晶ディスプレイなど2モデル

 ナナオは、AdobeRGBカバー率95%の広色域表示に対応する22V型ワイド液晶ディスプレイとして、解像度がWUXGA(1,920×1,200ピクセル)の「EIZO FlexScan S2242W」と、WSXGA+(1,680×1,050ピクセル)の「EIZO FlexScan S2232W」を発表。2月5日に発売する。

IT・デジタル ノートPC
EIZO FlexScan S2242W
  • EIZO FlexScan S2242W
  • EIZO FlexScan S2232W
 ナナオは、AdobeRGBカバー率95%の広色域表示に対応する22V型ワイド液晶ディスプレイとして、解像度がWUXGA(1,920×1,200ピクセル)の「EIZO FlexScan S2242W」と、WSXGA+(1,680×1,050ピクセル)の「EIZO FlexScan S2232W」を発表。2月5日に発売する。価格はオープンで、同社直販サイト価格はS2242W が69,800円、S2232Wが62,800円。

 両製品は、NTSC比92%の広色域パネルを採用し、Adobe RGBの色域を95%カバーする液晶ディスプレイ。液晶テレビにも採用されているオーバードライブ回路を搭載し、中間階調の応答速度は6ms。輝度は350cd/m2、コントラスト比は1,200:1で、鮮やかな表示と引き締まったリアルな「黒」を再現するという。角度による色合いやコントラストの変化を抑制する広視野角パネル(視野角:上下/左右ともに178度)を採用。また、ディスプレイが回転するので、文書作成やweb閲覧などに便利な縦表示にも対応する。

 ディスプレイ正面の外光センサーで周囲の明るさを感知し、最適な輝度に調整する「AutoEcoView」機能は、ボタン1つで起動することが可能。最適な明るさに調整されるので、目への負担が軽減され疲れ目による作業効率低下の緩和が見込めるほか、消費電力の低減にもつながるという。さらに、ディスプレイの明るさ設定に応じた省電力の割合をひと目で確認できる「EcoViewIndex」機能を搭載。分りやすいインジケーター表示で、常に省電力の度合いを意識することができ、利用者に消費電力の削減を促す。

 また、一定時間使用していないときは待機モードやPower Saveモードに移行し消費電力を低減。ディスプレイ裏面にある主電源スイッチをOFFにすることで、消費電力を0Wにできる。そのほか、表示画像に応じた最適な表示モード(輝度・ガンマ・色温度)をボタン1つで簡単に選択できる「FineContrast」機能、周辺機器との接続に便利な2系統のUSBハブなどを搭載する。

 S2242Wのチルト角は上40度、スウィーベル角は左右ともに35度、昇降は82mm、縦回転は右90度。S2232Wのチルト角は上25度、スウィーベル角は左右ともに172度、昇降は165mm、縦回転は右90度。インターフェースはHDCP対応DVI-D/ミニD-Sub15ピン/USB×2。スピーカー出力は500mW×2。S2242Wの本体サイズは幅511×高さ439〜521×奥行き208.5mmで、重さは9.6kg。S2232Wの本体サイズは幅511×高さ351.5〜516.5×奥行き279.9mmで、重さは11.4kg。付属品はDVI-Dケーブル/ミニD-Sub15ピンケーブル/電源コード/USBケーブル/オーディオケーブルなど。カラーはブラック/セレーングレイの2色。
《近藤》

関連ニュース

特集

page top