ドコモと富士通、台湾市場向け携帯端末「F905i」を共同開発 | RBB TODAY

ドコモと富士通、台湾市場向け携帯端末「F905i」を共同開発

エンタープライズ モバイルBIZ

台湾市場向けF905iの外観
  • 台湾市場向けF905iの外観
  • 台湾市場向けF905iの画面イメージ
 NTTドコモと富士通は14日、日本で販売されたFOMA F905iをベースに台湾市場に対応する端末を開発したことを発表した。同端末は、台湾のFar EasTone Telecommunications Co.,Ltd.(FET)により、台湾での発売が同日発表された。

 「F905i」は両社が海外市場向けに開発し初めて商用化されるものとなる。台湾のユーザ向けに中文繁体字の表示、入力等をあらたに開発し、FETのiモードサービスを台湾現地語で利用することができる。また、富士通独自技術による「スーパーはっきりボイス」や「ゆっくりボイス」など、通話音声をより聞きやすくする機能も搭載された。

 FETはドコモが出資提携している戦略的パートナーであり、台湾でiモードサービスを提供しているオペレータ。さらに同社はドコモを含むアジア・太平洋地域の携帯電話事業者で結成される「コネクサス・モバイル・アライアンス」の加盟メンバーでもある。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top